ペリカン 限定 蒔絵万年筆が出来上がるまで 動画

ペリカン 蒔絵万年筆特集!

こんばんは。PenStyle DENの山田です。本日はドイツ ペリカンの蒔絵万年筆をご紹介いたします!

蒔絵は伝統に根付いた芸術的な手工芸品で, 繊細な絵柄が金粉や銀粉が蒔かれ磨き上げられることで出来上がります。日本の漆の木から抽出された漆や金粉、銀粉が用いられ、非常に手間のかかる工程を経て繊細な絵柄が描き出されます。蒔絵の芸術的な技と様々な技法は長年に渡る集中的な訓練と経験を経て得ることが出来ます。個々の蒔絵万年筆は手作りで、独創性ある永遠の芸術作品です。 使われている漆は濃度が高く粘りがあるが、一度固まると柔軟性を保ちながら耐久性があり、ひび割れ等が起きにくい。それなのでペリカン蒔絵万年筆は何年経過してもその美しさを保ちます。

下記にアクセスいただくとペリカンの蒔絵万年筆が出来上がるまでの動画をご覧いただけます。

https://www.pelikan.com/pulse/Pulsar/ja_JP.CMS.displayCMS.253480./%E8%92%94%E7%B5%B5%E4%B8%87%E5%B9%B4%E7%AD%86%E3%81%AE%E5%89%B5%E4%BD%9C%E8%8A%B8%E8%A1%93

Dragonfly とんぼ

とんぼは前にしか飛ばず、決して後方に退かないところから不退転を表し、 勝ち虫と呼ばれ縁起物として喜ばれました。戦国時代には武士の間で 鎧、兜、刀の鍔などの武具の装飾に好んで用いられました。
蒔絵万年筆「とんぼ」には五匹のとんぼが高蒔絵で描かれています。背 景は和歌や経典等の文字を書くときに用いられた色や質の異なる日本古 来の料紙を数種継ぎ合わせた継紙をイメージしています。尻軸には変わり 塗りの石目塗り、キャップリング周りには金箔の上に漆塗りを施した白檀塗 り、そして螺鈿や研出蒔絵の技法などが用いられています。
「とんぼ」は世界限定111本です。¥32万+税

Spring & Autumn 春秋

蒔絵「春秋」には切金、毛打ち、描き割り、螺鈿などの技法が用いられ、高いデザイン性を活かして春と秋を表現しています。蒔絵「春秋」のシンボルとして、桜の花びらや紅葉が万年筆のキャップと胴軸に描かれており、キャップの背景には水流や葉模様、金箔を使用したストライプといった三つの日本の伝統的なデザインが描かれています。
「春秋」は世界限定111本です。¥30万+税

Koi 鯉

色鮮やかな日本の魚である錦鯉に人気があるのは美しさだけが理由ではありません。本質的に日本の文化のひとつと捉えられているのです。日本の子どもたちは滝を登った鯉は竜になるという伝説を知っています。たとえ無数の妨害が立ちはだかっていても目標を達成することから、鯉が忍耐や体力、決断力のシンボルとされているのです。そのようなエピソードに思いをこめて、蒔絵師はM1000に鯉を描きました。

175年以上にわたる伝統と技術を誇るドイツのクラフトマンシップと日本が誇る蒔絵技術を結びつけた傑作です。ペリカン蒔絵万年筆「錦鯉」には加賀研出高蒔絵の技法が使われています。
蒔絵万年筆「錦鯉」は世界限定88本です。¥30万+税

職人の緻密な作業の連続により何カ月もかけて出来る蒔絵万年筆。ほしくなりますね(^^)

ご配送も可能です。

NAGASAWA Pen Style DEN
078-321-3333

Facebook:NAGASAWA PenStyle-DEN
ツイッター:@nagasawa_den
インスタグラム:nagasawapenstyleden