ブログ

神戸インク物語がついに服にまで・・・・


ワールド×兵庫医療大学×ナガサワ文具センターが産学連携で共同開発

「Kobe INK物語」 のカラーを採用した神戸発の医療用ウエア「神戸スクラブ」を発売

スクラブ

 

ワールドHPより

株式会社ワールド(神戸市中央区、社長 上山 健二)は、ファッション性と機能性を併せ持つ医療用ウエアブランド「フィールドワールド」の新商品「神戸スクラブ」を、神戸・ポートアイランドにある兵庫医療大学(神戸市中央区、学長 馬場 明道)、神戸・三宮に本店を持つ創業明治15年の老舗文具店 株式会社ナガサワ文具センター(神戸市中央区、社長 長澤 宗弘)との産学連携で共同開発し、10月よりナガサワ文具センター本店および同社の通販サイトにて先行発売いたします。

※スクラブ(英: scrub)・・・半袖で首元がVネックとなっている医療用白衣。主に医療従事者が着用する。「ごしごし洗う」といった意味である「スクラブ」を語源としており、頑丈な素材が使用されているため強く洗っても生地が傷みにくいのが特徴。

 

「神戸スクラブ」開発の経緯

「フィールドワールド」では、昨年、神戸市の代表的産業でもある“ファッション”と“医療”を組み合わせ、兵庫県の地場産業である播州織の素材を活かした「ドクターコート」「ドクタージャケット」を発売しました。

その後、医療用スクラブにも多くの要望をいただいたことから、昨年12月に、ワールド本社と同じポートアイランドにある兵庫医療大学に協力を依頼。神戸ならではのスクラブ開発のために、大学内でプロジェクトメンバーを選出し、毎月、開発のミーティングを重ねました。また、スクラブは、白衣よりもカラーバリエーションが豊富であり、病院内でのチーム分けや患者からの視認性向上のために着用される場面が多いことから、兵庫医療大学の学生を対象にアンケートを実施し、赤系・青系のカラーで検討を進めました。

そして、神戸らしいカラーをと、16年3月には、オリジナルインク「Kobe INK物語」が人気の株式会社ナガサワ文具センターに協力を依頼。同インクの開発者である商品企画室 室長 竹内 直行氏が全面協力し、現在展開する50色以上の中から、神戸の海をイメージした“港島アイランドブルー”、神戸のワインをイメージした“神戸ボルドー”の2色を採用することになりました。

ボルドーブルー

また、素材には制菌加工、制電糸を使用するなど医療に適した機能はもちろん、業務用洗濯でも色が落ちにくい染色加工を行うと共に、デザインのポイントとして部分使いで播州織をあしらいました。

こうして開発した「神戸スクラブ」は、兵庫医療大学のプロジェクトメンバーが最終のサンプルチェックに協力し、着心地や動きやすさに加えて、シルエットやラインの美しさにもこだわり、修正を重ねて完成しました。

 

明日の神戸新聞の朝刊に掲載予定です☆

まさか医療現場の服になるとはスタッフも驚きです!来年2017年は神戸インク物語が10周年になります☆

色々楽しい企画と新しいアイテムをご用意できるように企画中です☆

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る