ブログ

ペリカン M405ブラックストライプ入荷


ペリカンからM805で人気のブラックストライプ万年筆ですが、M405サイズの小ぶりなサイズで登場しました!

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af

奥がM805サイズ 手前2本がM405サイズです。

 

M405万年筆 ¥35000+税

K405ボールペン ¥15000+税

R405 ローラーボールペン ¥25000+税

万年筆初心者の方でも扱いやすいサイズになっていますので、デビューもスタッフがお手伝いさせていただきますよ~♪これからのクリスマスプレゼントにも良いですね!

こちらは定番商品となっておりますが、大変な人気で次回入荷が2月頃になります。初回入荷数も少ないので今年中にGETされたいかたはお早目をお勧めいたします♪

12/17~12/22の梅田茶屋町店6周年記念期間ではとってもお得な2倍ポイントですのでぜひご利用くださいませ(^^)

NAGASAWA梅田茶屋町店6周年

 

真のクラシックスーベレーンとは・・・

1929年ペリカン社は世界で最初にディファレンシャル・ピストン・メカニズムを発表しました。万年筆内部に内蔵されるピストン部分は、ふたつの異なったギアによって、インク吸入ハンドルより速く回転して上下します。今日に至るまで、様々なデザインや機構を持つ万年筆が発売されましたが、基本的な吸入メカニズムは同じです。

1950年、モデル400が発売されました。その緑縞の胴軸がペリカンブランドのシンボルとして世界中に知れ渡りました。1980年代になりSouveränと名付けられましたが、ドイツ・ヴァイマル共和政期の政治家シュトレーゼマンのスーツのストライプ模様が有名だったので、シュトレーゼマンというニックネームで呼ばれていました。1995年に胴軸がブルーストライプのモデルが発売され、2003年には更にクリップとリングがシルバーのブルーストライプモデルが発売されました。

胴軸の製造には手間がかかります。ペリカン独自の製法にこだわって、原料のコットンを何段階もの工程で加工し、ストライプの板に仕上げます。それを胴軸のサイズに裁断後、円筒形にし、ダイヤモンドを使用して研磨します。次に、特徴ある二重リングを胴軸とキャップにはめ込みます。この工程ではつなぎ目を全く見えないようにするために非常に精密な作業が要求されます。そして光沢が出るまで表面が磨き上げられ、次にペリカンのくちばしをモチーフにしたクリップが取り付けられます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る