ブログ

トラベラーズノート オリーブエディション 御予約受付中


『トラベラーズノート』に、2017年の限定カラーとしてオリーブエディションが登場します。

 

ただいまでしたら、お渡しが可能な数量が確保できる予定です。確実に手にされたい方はお早目にご予約くださいませ。

御予約はこちらまで NAGASAWA梅田茶屋町店 06-6292-7660 ご配送も可能です。

 

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%82%a8%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

トラベラーズノートに似合う革の色はなにか?
2006年に黒と茶色を定番ラインアップにして以来、色もまた、ひとつのテーマとして試作を繰り返してきました。
トラベラーズノートの特徴は、革本来の素材感を活かし、使うほどに味わい深く変化すること。この特徴は逆に、革の個体差によって、色や風合いの変化が生まれやすいという性質を伴います。その変化を予測しながら、トラベラーズノートらしい色合いやトーンを追求していくことは、時間のかかる作業になります。
そんななかで、2011年の5周年キャメル、2015年のブルーエディションに続き、2017年、また新しい色のトラベラーズノートが形になりました。

目指したのは、太古より根を張る樹木に囲まれた原生林の森の色。
かつてヘンリー・ソローは、ウォールデン池畔の森に丸太小屋を建て、ひとり自給自足の生活を送りながら『森の生活』を記し、写真家星野道夫は、アラスカの荒野に魅了され、数々の美しい作品を残した後、シベリアで散りました。
日本の山林を歩き詩作の着想を得た芭蕉や山頭火、アメリカのビッグサーで暮らし、その野生の森での生活を作品に記したブローティガンやケルアック。
森はそこを旅する多くの芸術家たちに、新たな作品を生み出すエネルギーを与えて続けています。

そんな深い森をイメージした色の『トラベラーズノート オリーブエディション』が、2017年の限定カラーとして登場。あわせて、ノートと一緒に使ってほしいオリーブカラーの『ペンホルダー』と『ブラスボールペン』も作りました。ブラスボールペンは、リングが大きめに作られたオリジナルパーツを使用。付属のパーツにボールペン本体を取り付ければ、アウトドアでも書きたい時にすぐ使用できます。

トラベラーズノート オリーブエディションを手にすることで、前人未踏の荒野を歩く旅人の気分を胸に抱きながら、旅するように毎日を過ごしてください。
Have a nice trip into the wild with TRAVELER’S notebook OLIVE EDITION! HPより引用

olive03

olive04

olive05

olive08

olive09

トラベラーズノート オリーブエディション ¥4200+税

ブラスボールペン オリーブエディション ¥2400+税

ペンホルダーM オリーブエディション ¥900+税

毎年人気の商品ですのでお早目のご予約お待ちしております。3月24日以降発売予定。

御予約はこちらまで NAGASAWA梅田茶屋町店 06-6292-7660

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る