歩留まり

1 2 3

今年の2月KOKUYOさんの滋賀工場に見学に寄せて頂きました。
実は、2回目の滋賀工場の見学となります。
工場の皆様にご挨拶をして見学がスタート致しました。
ラインのすぐ横にカゴがありカットミスや罫線の色調整等のミス商品であり俗に言われるエラー商品がカゴの中に雑然と捨てられいました。
商品のロスが多く出ているのでノート工場も大変だと見学をさせて頂きながら実は心配していました。
ひと通りラインの見学を終えると休憩を挟んで質疑応答の時間が始まり
【歩留まり】の話をお伺いいたしました。
エラー品のノートを小さくしてMEMO帳として再利用し歩留まりは、品質の高さからくるエラー品であり この程度のエラーならば・・・を常に
「買う身になって作りましょう」の精神にのっとり品質管理に気配りをしている事をお教え頂きました。
【歩留まり】が多い事は、品質の高さの現れだと痛感いたしました。
たかがノートですがここまでの拘りには、さすがだと思いました。
かわいいピンク色のノートをお土産に頂きました。
いつも何気なく使っているキャンパスノートは、厳しい品質管理を受け
流通している事に改めて日本の品質管理の高さに誇りを感じました。