神戸INK物語とガラスペン

1 2 3

4
1月26日(月)神戸新聞に神戸INK物語の記事が掲載されました。
弊社の商品企画室 室長の竹内が「2007年、震災の復興する中でお世話になった方々へのお礼の気持ちと、神戸発の文具を作りたいという夢から浮かんだ」
震災から10年。復興していくまちを歩きながら「神戸のきれいな色を発信できないか」と考えるようになり、「お礼の手紙を書くインク」が浮かび3色のIインクを発売させて頂いた事から始まりました。
昨年には、「震災20年で50種類」と言う目標を立て「神戸のまちを盛り上げるお手伝いをしたいと思ってきた。インクそれぞれに物語がある。自分そのもの」との信念を持ち続け50色に到達させて頂きました。
今は、「出来る限り続けたい」と締めくくっていました。
神戸INK物語の3色を自分で選びイタリア Bortletti社のガラスペンで書き
万年筆とは違う書き味を神戸INK物語で体験してみました。
ガラスペンは、ペン先の色とインクのカラーリングを楽しむ事が出来ます。
インクがなくなるとペン先インク瓶に浸けてインクを補充いたします。
インクを補充する【間】にも文章を考えたりアイデアを考えたりと手書きならではの気分を味わえます。
【INK色】【万年筆】【ガラスペン】×【NOTE】【便箋】【手帳】
組み合わせは、数え切れないくらいあります。
好みの万年筆に神戸INK物語のインクを注入してご当地まで出かけ
週末手帳を持って思いを書いてみたくなりました。
【 お知らせ 】
2月7日(土)には、始めて東京・表参道の【文房具カフェ】様で神戸INK物語の開発秘話のトークショーと文具Bar開催され参加させて頂きます。
お陰様で当日の券は、完売となりましたがトークショー終了後には神戸INK物語をガラスペンで体験して頂く事が出来ます。
http://www.ofmaga.com/news.html?eid=01093
午後8時以降は、当日券がなくてもご来店頂けます。
この機会に是非、神戸INK物語をご体験下さい。