Legal PADとブルーINK

1 2 3

Legal PADを直訳すると法律に関する用箋。
法律関する用箋とはあまりにも直訳すぎるので
少し調べる事にいたしました。
掲載のリーガルパッドは、5×8インチの小さなサイズですが
裁判所で活用していたのは8×11インチ(216mm×279mm)の
国際規格のレターサイズと呼ばれるものが主流でした。
左横には、3穴が空いており記入後すぐにバイダーへ挟めるのが
重宝されビジネスや学生が使うようになりアメリカ全土へ広がって
いったようです。
日本は、A4サイズ(210mm×297mm) 2穴 30穴が主流となっています。
海外製品のボールペンを現地で購入するとブルー色の替芯が入って
います。日本へは、輸入時に黒へ入れ替えて発売されています。
リーガルパッドに青INKや青いボールペンで書いてみると非常に
見やすく感じよく記入出来ました。
リーガルパッドの黄色の紙に併せてブルーINKがお奨めです。
皆様も一度試してみて下さい。