ブログ

佐瀬工業所のガラスペンが入荷してまいりました


この近年メディアでも取り上げられ人気の高い佐瀬工業所のガラスペンがDENに多数入荷してきております。

ガラスペンは明治35年に風鈴職人の佐々木定次郎氏によって日本で開発された筆記用具です。
ガラスペンは書き味の滑らかさ、インクの持ちの良さ(1度インクを付けるとハガキ1枚程度書ける)から瞬く間にイタリア・ドイツ・フランス等、世界中に広まっていきました。

毛細管現象を発生させるガラスペンの溝の開発には、2本の溝から始まり徐々に溝の本数を増やし思考錯誤の上、日本製のガラスペンは8本の溝となりました。海外製品などには10本の溝の製品や、装飾品(文字が全く書けない)として販売されているガラスペン等も多数あります。 先代、佐瀬米蔵・妻えんは、佐々木定次郎氏の元で修業し明治45年(大正元年)に「カネモ印」の家号にて台東区入谷で独立し、佐瀬米蔵・えんの元で佐瀬勇(昭和三十年からこの道一筋)はガラスペン職人として修行を始めました。佐瀬工業所製のガラスペンは佐々木定次郎氏の技術を唯一受継ぐガラスペンです。

佐瀬3

透明やサーモンピンクなどあっさりとした色目はよく取り上げられておりますが
今回は珍しい鮮やかな色味のものもあり、
ペン先と軸の色の組み合わせや、硝子のねじりの趣きは見ているだけで楽しいです。

佐瀬1

佐瀬2

ガラスペン入門編におすすめの竹軸の1,500円セットから、本日ご紹介した5,000円~10,000円のものまで
幅広く取り揃えておりますので、是非いちどお試しにいらしてくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る