ブログ

PDAをご存知ですか?


こんにちは、残暑厳しい日が続きます。
土曜日担当の浜口です。
久し振りに投稿させて頂きます。

今日は、40代以上の方には使った事があるPDAについて振り返ってみたいと思います。
私が初めてPDAと出会ったのは、1980年終わり頃SHARPより発売された電子手帳でした。
お世辞にも当時一世を風靡していたSYSTEM手帳にとってかわる程のものではありませんでした。

1993年にSHARPよりビジネスツールを搭載したZAURUS PI-3000が発売されました。
予定表、住所録からTo Doチェックリスト・手書きワープロやメモなど当時ビジネスシーンに
必要な機能を多く搭載していてビジネスマンの中でヒット商品になりました。
翌年には、FAX機能が搭載され機能の進化加速していきました。
この写真であ…○○○社の○○○だとわかる方は、相当なPDAファンの方だと思います。
IMG_1813
1999年にIBM社より発売された IBM Work Padです。
PDAの語源を調べてみました。

【PDA】
携帯情報端末(けいたいじょうほうたんまつ、個人情報端末とも)とは、スケジュール、ToDo、住所録、メモなどの情報を携帯して扱うための小型機器。Personal Digital Assistant(Personal Data Assistantと表現されることもある)を略してPDAと一般に呼ばれることが多い。PDAは、アップル・ニュートンの開発を推進した1990年代初頭のアップルコンピュータCEOだったジョン・スカリーによる造語である。
※WIKIPEDIAより引用させて頂きました。
PDAの語源は、アップル社からだった事は私自身も知りませんでした。
IMG_1817
NOKIA携帯(NM-502i)とIBM Work Pad端末を赤外線通信(irDA)を通じてmailを送っていた時代がありました。
15年以上も前の話しです。今ではスマホ1台でインターネットからmailの送受信も簡単に出来てしまいます。
当時は、1通のmailを送るには費用も高かったように思います。通信するのも時間を要していました。
今は、スマホからGmailで送受信が出来てしまい閲覧も容易に見る事が出来ます。
IMG_1818
このジップ式の手帳カバーは、OEM先のPALMコンピューター社純正のロゴマークの刻印が打たれています。
引き出しを開けると15年前にタイムスリップ出来る文房具に改て素敵な道具だと愛着が湧きました。
古い手帳を読み返した時に同じような感情が湧き出てきます。
そんなご経験ありませんか?
IMG_1820

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る