小日向京のひねもす文房具|第百十九回「万年筆サミット2017 at NAGASAWA梅田茶屋町店」

小日向京のひねもす文房具|第百十九回「万年筆サミット2017 at NAGASAWA梅田茶屋町店」

12月第1週の週末は「万年筆サミット」!
NAGASAWA梅田茶屋町店で毎年開催される万年筆の祭典、今年は12/1(金)・2(土)・3(日)の10:00~19:00(最終日18:00) に行われます。
「これぞという万年筆が見つかる」&「インクも楽しい」&「万年筆関連アイテムにときめく」という万年筆+αが満載のイベントなのです。今年はどのようなラインナップとなるのか、開催日の多いコーナーから順におさらいしてみましょう。

《12/1(金)・2(土)・3日(日)3日間開催》
● 中屋万年筆カスタムオーダー会 調整師 田邉 さやか氏
 10:00~19:00(最終日18:00)
● クリスエールペン販売会
 10:00~19:00(最終日17:00)
● helicoペンオーダー受注会
 10:00~19:00(最終日18:00)
● エイ出版社「趣味の文具箱」オリジナルアイテム販売
 10:00~19:00(最終日18:00)

《12/1(金)・2日(土)2日間開催》
● 横山Chobu工房アクセサリー販売会
 10:00~19:00

《12/2(土)・3日(日)2日間開催》
● 万年筆クリニック(パイロット:土田氏/ダイヤモンド:仲谷氏)
 10:00~18:00 無料・お一人様2本まで
● Legame イタリアンレザーアイテム受注会
 10:00~19:00(最終日18:00)
● 山本紙業 paper workshop
 10:00~19:00(最終日18:00)

《12/2(土)開催》※開催場所はジュンク堂7階特設会場
● エイ出版社・趣味の文具箱編集長 清水茂樹×山本紙業 山本泰三×ナガサワ文具センター 竹内直行トークショー&じゃんけん大会
 19:00~20:00 無料・予約不要

《12/3日(日)開催》
● あめだま ミニチュアペンアクセサリー販売会
 12/3(日)10:00~18:00
● 白瀬北斗氏 ミニチュア文房具アクセサリー販売会
 12/3(日)10:00~18:00

どの日に来ても楽しいし、3日間来ても楽しい!
おなじみの万年筆クリニックやエイ出版社・趣味文編集部、人だかり必至のhelico受注会などに加えて、今回新たに参加する作家さんにも御注目。

◆ 12/1(金)・2(土)開催の「横山Chobu工房アクセサリー販売会」
横山Chobu工房は、金・銀・銅を使ったオリジナル一点ものの金属アクセサリーを作る、香川の工房です。

小日向京のひねもす文房具|第百十九回「万年筆サミット2017 at NAGASAWA梅田茶屋町店」

ペン先やインクをモチーフにしたアクセサリーが、素敵ですね!
横山Chobu工房製のハンドルがhelico万年筆に装着されたアイテムも、当日発売になるようですのでお見逃しなく。

◆ 12/2(土)・3(日)開催の「Legame イタリアンレザーアイテム受注会」
Legame(レガーメ)は、イタリア・フィレンツェの革工房「IL BUSSETTO(イル・ブッセット)で修行をされた革職人 兼 デザイナーの小林青花(こばやし・はるか)さんによるハンドメイドの革製品です。

小日向京のひねもす文房具|第百十九回「万年筆サミット2017 at NAGASAWA梅田茶屋町店」 小日向京のひねもす文房具|第百十九回「万年筆サミット2017 at NAGASAWA梅田茶屋町店」

なんと美しい!!
「Legame」は、イタリア語で「つながり」「縁」を意味する言葉なのだそうです。
万年筆をやさしく守り、持ち主である自分とつなげてくれるペンケースに出会われてはいかがでしょうか。

そして今回もまた外せないアイテムが、梅田万年筆サミット限定販売のNAGASAWAオリジナルキップペンケース。今年5月に発売となったKobe INK物語 No.63「東遊園地トーチオレンジ」色で登場です。

小日向京のひねもす文房具|第百十九回「万年筆サミット2017 at NAGASAWA梅田茶屋町店」

1本挿しLサイズ
3本挿しSサイズ
3本挿しLサイズ
5本ロールペンケース
10本ロールペンケース
が発売とのこと。こちらも楽しみですね…小日向もがんばってゲットできれば本望です。

万年筆サミット2日目・12/2(土)の19時から7階特設会場で行われるトークショーでは、万年筆や紙やインクの濃厚な話が聞けること間違いなし。
豪華景品が当たるチャンスあり、最後のじゃんけん大会まで楽しみましょう!

昨年の万年筆サミット2016以来ますますパワーアップする師走の3日間、皆さまお誘い合わせのうえ、どうぞお越しください!

小日向 京(こひなた きょう)

文具ライター。

文字を書くことや文房具について著述している。

『趣味の文具箱』(エイ出版社刊)に「手書き人」「旅は文具を連れて」を連載中。

著書に『考える鉛筆』(アスペクト刊)がある。

「飾り原稿用紙」(あたぼうステーショナリー)の監修など、文具アドバイザーとしても活動している。

小日向京のひねもす文房具




小日向京のひねもす文房具|第百十七回「万年筆サミット2017 at NAGASAWA梅田茶屋町店」