佐瀬工業所 ガラスペン TBS「ビビット」にて紹介!

国分太一さんと真矢ミキさんがMCで有名なTBSテレビの「ビビット」にてガラスペンの佐瀬工業所が紹介されておりました!

世界へはばたく文房具「美しすぎる筆記具」にて紹介。

硝子のボディとなる棒とペン先となる棒をくっつけ、ペン先を火に当てながらのばしていく加工の過程が映されており、大変興味深く私も見ておりました!

こちらのペンはTVで紹介されていたようにインクを1回つけただけでA4が1枚余裕で書けます。ある程度大きい字でしたら3枚くらいも書けるんです。

少し考え事をして、ペンを置いて10分後に書こうとした時もドライアップしていなく、またスッとインクが出てくれるのもストレスなく書けて人気の要因です。
ただいま、三宮DENと梅田茶屋町店の方でご用意できておりますので、ぜひお試しくださいませ。

ガラスペンは明治35年に風鈴職人の佐々木定次郎氏によって日本で開発された筆記用具です。
ガラスペンは書き味の滑らかさ、インクの持ちの良さ(1度インクを付けるとハガキ1枚程度書ける)から瞬く間にイタリア・ドイツ・フランス等、世界中に広まっていきました。

毛細管現象を発生させるガラスペンの溝の開発には、2本の溝から始まり徐々に溝の本数を増やし思考錯誤の上、日本製のガラスペンは8本の溝となりました。海外製品などには10本の溝の製品や、装飾品(文字が全く書けない)として販売されているガラスペン等も多数あります。 先代、佐瀬米蔵・妻えんは、佐々木定次郎氏の元で修業し明治45年(大正元年)に「カネモ印」の家号にて台東区入谷で独立し、佐瀬米蔵・えんの元で佐瀬勇(昭和三十年からこの道一筋)はガラスペン職人として修行を始めました。佐瀬工業所製のガラスペンは佐々木定次郎氏の技術を唯一受継ぐガラスペンです。

NAGASAWA Pen Style DEN
078-321-3333

Facebook:NAGASAWA PenStyle-DEN

ツイッター:@nagasawa_den

インスタグラム:nagasawapenstyleden

梅田茶屋町店
06-6292-7660

Facebook:(@NAGASAWA梅田茶屋町店)

ツイッター:(@nagasawa_umeda)

インスタグラム(nagasawa_umeda)


【お問い合わせ先】
NAGASAWA梅田茶屋町店 TEL:06-6292-7660
SNS フォローお願いします♪
twitter_logo_blue Twitter (@nagasawa_umeda)
fb-flogo-blue-broadcast-2 Facebook (@NAGASAWA 梅田茶屋町店)
insta-icons2 Instagram (nagasawa_umeda)


公式オンラインショップ 2020年版スケジュール帳&カレンダー特集

楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!使える!ポイントUPやクーポン配布などお得なキャンペーンも開催いたします。