読書の秋です。

本日の文房具 四方八方話を担当する内田です。

最近はあまり読めていませんが、20年ほど前から長い間熱中している作家に浅田次郎さんという方がいらっしゃいます。

最初はマンガで読んだ「きんぴか」という作品で原作が読みたくなり、世界観が気に入り没頭していきました。
asadajiro_kinpika
氏はこのネット時代にありながら、あくまでも手書きにこだわり「言霊」を編んでいると自身もおっしゃるほどです。

実は作中に出てくる「神聖な執筆活動に必要な特注の『満寿屋の原稿用紙』」はこの本で知りました。
ナガサワ文具センターに長い間勤めていますが、こんな知り方ですみません m(_ _)m
もちろん、既製品は今でもお店に並んでいます。
manuscript-paper

※写真は既製品で、浅田氏は赤罫の名前入りをご使用になられています。

いちファンとして、末永く活躍されることを心よりお祈りいたします。



楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!使える!ポイントUPやクーポン配布などお得なキャンペーンも開催いたします。