ナガサワオリジナル万年筆 Pen Style【改Ⅱ】誕生 第二話

ナガサワオリジナル万年筆 Pen Style【改Ⅱ】誕生 第一話はこちら

Pen Style 【改Ⅱ】の最終商品見本が届きました。第一話では、尾栓部分のテールランプ 同軸を主にお話させて頂きました。
キャップは、ドイツ製Vintege万年筆のグレー色がイメージカラーで思い通りのキャップ色で仕上がってきました。何故?キャップがグレーなのか?をご紹介させて頂きます。昭和を代表するスポーツカーの限定仕様が改Ⅱのデザインコンセプトです。限定仕様のN社のスポーツカーは、シルバーメタリックが代表的なカラーでした。ただ金属のキャップでは、万年筆本来のイメージや筆記する時に重心が後方にかかってしまう事また、筆記する時に悪い影響が出てしまうことから金属のキャップは断念し樹脂軸のグレーカラーを選びました。
i-Phone6写真 150
キャップを開閉すると大先には、風見鶏の刻印を施した14金ペン先が装着されています。エンジンルーム内にある赤いカバーをイメージし首軸を赤軸といたしました。ペン先は、車に例えるとエンジン(心臓部)にあたりペン芯は毛細管現象を利用してコンバーター(スペアーインク)からインクが引き出されペン先へと伝わります。ペン先にはスリット(切割り)がありインク量を決める隙間があります。また、ペン先の中央部分の開いている丸穴(ハート穴)はペン先の弾力を決める重要な部分になっています。
i-Phone6写真 152
今回の改Ⅱの天冠には、前回の改と違い【KAIⅡ】の【A】のデザイン文字をエンブレムのように施しました。この天冠は、赤い樹脂ベースに銀箔で赤色のAの文字を浮き上がらせています。
i-Phone6写真 155コンバーターのネジ部分も今回はテールランプをイメージするために赤色に変更して頂きました。昨年12月にセーラー万年筆さんの天応工場を訪れてから約9ヶ月の開発期間を要して9月初旬には、店頭 Webにて販売出来る事になりました。2011年発売の第一弾から4年目にフルモデルチェンジをしたPEN Style【改Ⅱ】を是非お手にとって書き味もお試し下さい。羊の皮をかぶった狼の万年筆と呼べるに相応しい素敵な万年筆が間もなくデビューいたします。
発売時期:2015年9月初旬 販売予価:26,000円(税別) 限定本数:50本 字幅: 【極細】【細字】【中字】 
i-Phone6写真 158