ブログ

小日向京のひねもす文房具|第百十回「あたぼう Pen4lder(ペンホルダー)」


小日向京のひねもす文房具|第百十回「あたぼう Pen4lder(ペンホルダー)」

スライド手帳・飾り原稿用紙・ふたふで箋でおなじみのあたぼうステーショナリーから発売された新商品「Pen4lder(ペンホルダー)」が、いよいよナガサワ文具センターで販売開始となりました!
上の写真の通り、Pen4lderはシステム手帳リフィルの形をした4本差しのペンホルダーです。
大きさは、バイブルサイズ。左右両側に穴のあいたスライド手帳の造りを踏襲しており、素材には山羊革が使用されています。価格は5,800円+税。上の写真の金(左)と緑(右)以外に黒と紺があり、全4色のラインナップとなっています。

リフィルの形をしたところをさて置いても、このペンホルダーの良いところは、ペンを挿すゴムバンドが上下中央に長く配置されていて、ペン軸を包み込むようにホールドしてくれる点です。
バンドが上下どちらかに寄っていると、ペン軸の長く出たほうが寄ってしまったり、ペン軸同士がぶつかり合ったりしてしまいがちですが、Pen4lderの場合はまっすぐに挿された状態のまま持ち運べ、4つ並べて挿したペン軸同士が触れ合うこともありません。
また、上下中央にゴムバンドがあることで、上からも下からもペンを挿せます。小日向は万年筆や太軸のペンは上から挿し、ボールペンは下から挿す…と向きを分けています。

小日向京のひねもす文房具|第百十回「あたぼう Pen4lder(ペンホルダー)」

バイブルサイズのバインダーに綴じたところはこの通り。綴じて使う場合、バインダーのリング径は20ミリ以上あるものが良いようです。

小日向京のひねもす文房具|第百十回「あたぼう Pen4lder(ペンホルダー)」

このバインダーは25ミリほどで、上から見るとこのようになっています。かなりな枚数のリーフも入り、また「リングいっぱいになるほど紙は持ち歩かないけれど、中身に空間ができてしまう」という場合にはPen4lderがちょうど良い厚さ調整になってくれます。
ちなみにこのPen4lder、バイブルサイズの6穴があいていますが、A5システム手帳にも綴じられます。

綴じる以外に、単体でそのまま持ち歩いても快適なところ、やはりやってみたくなるのは「Pen4lderを2つ使って表紙板にし、市販のリングでまとめてみる」という方法です。
それをやりたいがために、Pen4lderは2つ用意しよう! と決めていた小日向でした。

小日向京のひねもす文房具|第百十回「あたぼう Pen4lder(ペンホルダー)」

まずはポケットリフィルを中に挟んでみました。リングは単語帳を束ねるのに使われるもので、リングを通すのは6穴のうち上下の2ヶ所で十分です。これはいい感じ!
ペンを挿した側を内側に向けたり、片側はインデックスリフィルにしたりしても良さそうですね。
リング次第でいくらでも束ねられるということは…紙束もまとめたくなり、そちらもやってみました。

小日向京のひねもす文房具|第百十回「あたぼう Pen4lder(ペンホルダー)」

なんという絶景! 紙束リーフの最初と最後は、PPインデックスリフィルで挟んでいます。
これでいくらでも紙を持ち運べ、ぶ厚い束も愛でられるという至福。帯状にたたんだ手ぬぐいでぐるりと巻けば、鞄の中でも崩れることがありません。

小日向京のひねもす文房具|第百十回「あたぼう Pen4lder(ペンホルダー)」

紙束を開くと、このようになります。左右ページが平らで見晴らしが良く、書き込まれたリーフを参照するさいにとても快適です。システム手帳の新たな世界が広がるようで、Pen4lderの応用自在な可能性をひしひしと感じました。
ペンの収納場所としてはもちろん、リフィル群との組み合わせで活用度がいっそう増すPen4lderです。

それにつけても、昨今持ち歩く筆記具の本数は増えるばかりです。その理由には、Kobe INK物語などインクの多彩さが関係しており、インクの数だけ万年筆を持ち歩きたくなるもので…今日は10本差しにしようという日もあれば、7本・5本・4本差しでいこう…という日もあります。そんな日々に、ペンケースはいくつあってもありがたいものですよね。
単体使いに、システム手帳の中に、またリングとともに表紙としても、Pen4lderを様々に楽しみましょう!

小日向 京(こひなた きょう)

文具ライター。
文字を書くことや文房具について著述している。
『趣味の文具箱』(エイ出版社刊)に「手書き人」「旅は文具を連れて」を連載中。
著書に『考える鉛筆』(アスペクト刊)がある。
「飾り原稿用紙」(あたぼうステーショナリー)の監修など、文具アドバイザーとしても活動している。

小日向京のひねもす文房具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る