小日向京のひねもす文房具|第百三十回「オリジナルシステム手帳・My Pocket(マイポケ)発売記念! NAGASAWA M5会」

小日向京のひねもす文房具|第百三十回「オリジナルシステム手帳・My Pocket(マイポケ)発売記念! NAGASAWA M5会」

来る2018年3月11日(日)、神戸・三宮で新たなNAGASAWAオリジナルアイテムの発売記念イベントが開催されます。
その新発売アイテムは、マイクロ5サイズの革製システム手帳。
マイクロ5サイズとは、バイブルサイズ(幅95mm×天地170mm)よりも、ミニ6サイズ(幅80mm×天地126mm)よりも小さい、幅62mm×105mmの大きさに5つの穴があいた用紙サイズです。マイクロ5(Micro 5)を略して「M5(エムゴ)」と呼ばれ、コンパクトな持ち運びやすさが性別問わず好評を博しています。
これがどのくらいのサイズなのかというと、一般的な名刺サイズが幅55mm×91mmとM5に近く、「名刺サイズ+α」とイメージできるところ。とにかく小さい! 上の広告写真の通り、シャツの胸ポケットにもスポッとおさまります。

このM5サイズはアシュフォードでは「名刺フォン」という名で1994年から発売されていたものでしたが、アシュフォードが創業30周年を迎えた一昨年の2016年、エイ出版社『趣味の文具箱』の清水編集長の発案から「革ジャケットがリフィル用紙と同じくらい幅狭で、ポケットは最小限にそぎ落としたマイクロ5」という「エレン」が発売されました。
このエレンは、アシュフォードの「ルガード」シリーズに使われている牛革(ステア)の渋みあるオレンジで、8mmリングのM5サイズも大人気となり売り切れ続出。そのM5エレンについては、第七十回に書いています。

さて一方、ナガサワ文具センターでは同じくアシュフォード創業30周年の2016年、30mmリングのバイブルサイズ・NAGASAWAオリジナルシステム手帳「ビッグマン30リミテッド」を発売。アシュフォード30周年記念モデル「プレスコット」を原型とした大容量のサイズは、なんとリング径の中にもペンシースが付いているという迫力の逸品でした。その写真はこちらで見られます。

今回その最大サイズのビッグマンに続くオリジナルシステム手帳が「最小のM5サイズ」というのがとびきり楽しいところで、その名は「My Pocket(マイポケ)」。
発売イベントまであと2週間を切った今日現在、マイポケの全貌はいまだ公開されず。
ただ、情報のあらましは知ることができました。

使用革:「ルガード」に使用のタンナー・マズール社(ベルギー)の牛革(ステア)
カラー展開:4色(ブラック・ネイビー・ワイン・レッド)
リング径:11mm
装飾:コーナー金具4ヶ所付け(シルバー)、アオリポケット、オリジナルロゴ刻印
価格:各15,000円+税
製作数:各30冊
初回出荷数:ブラック24冊、ネイビー11冊、ワイン22冊、レッド8冊

とのこと! M5で11mm径のリングとは、紙束感を味わえてそそりますね!!
さらに革色はこのような色みで▽

小日向京のひねもす文房具|第百三十回「オリジナルシステム手帳・My Pocket(マイポケ)発売記念! NAGASAWA M5会」

My Pocketに近いモデルは、こちらの「レクタングル」だそう。
この角の金具がひときわ魅力! 革色とシルバー金具との組み合わせを想像し、思わず笑みがこぼれます。

そして、このMy Pocketが発売になるイベント「NAGASAWA M5会」は冒頭の広告写真にある詳細で、あらためて記しますと以下のあらましです。

日時:2018年3月11日(日)オープン13:30〜クローズ16:00
場所:BAR Request 神戸市中央区江戸町100番地 Tel 078-332-2466
入場料:1,000円(2ドリンク付き)
定員:30名様
予約:ナガサワ文具センター Tel 078-321-5600 担当:河合
   ナガサワ文具センター PenStyle DEN Tel 078-321-3333 担当:山田
※ 当日の御予約も承ります

イベント中の14:00〜15:00には、マイクロ5を語るトークショーを開催。
ナガサワ文具センター商品開発室室長 竹内さん
ASHFORD ブランドプランナー 向井さん
文具ライター 小日向
の3人で、竹内さんと向井さんの「My Pocket」開発秘話からM5の魅力までたっぷりお話しします。
小日向は、ちょうどその週末・3月9日(金)に発売になる『趣味の文具箱 vol.45』(エイ出版社)に新連載「思い立ったらシステム手帳」が掲載されます。この連載第1回のタイトルは「M5が好きだ!」。M5爛漫状態で、トークショーに挑みたいと思います。

当日は新製品My Pocket各色に加えて、様々なシステム手帳用紙を選べる「リフィルバー」も設置!
小日向もとてもとても楽しみにしています!
皆さま御予約のうえ、どうぞお越しください。

小日向 京(こひなた きょう)

文具ライター。

文字を書くことや文房具について著述している。

『趣味の文具箱』(エイ出版社刊)に「手書き人」「旅は文具を連れて」を連載中。

著書に『考える鉛筆』(アスペクト刊)がある。

「飾り原稿用紙」(あたぼうステーショナリー)の監修など、文具アドバイザーとしても活動している。

小日向京のひねもす文房具





小日向京のひねもす文房具|第百三十回「オリジナルシステム手帳・My Pocket(マイポケ)発売記念! NAGASAWA M5会」