システム手帳の使い方もかわりました。

こんばんは。 Journal Styleの坂下です ここ、数年でシステム手帳の使い方も多種多様化してまいりました。

仕事用でがっつりシステム手帳に書き込むハードユーザー様には

バイブルサイズの手帳にスケジュール・仕事でやらなければならない事・アドレス帳・メモ帳などを全て綴じて、内容によって全てを記入されておられます。いつも、システム手帳がいつもパンパンの状態で、システム手帳に書き留めておく事が習慣化されている、昔からのシステム手帳を長い間、利用されているハードユーザー様のシステム手帳は頑丈かつリング径も大きいものを使っていらっしゃいます。

システム手帳はチャック式がよいというお客様

ファイロファックスが輸入されてきた30年前は、ファイロファックスのシステム手帳といえば、チャック式が多く、現在でもその技術は脈々と受け継がれております。しかしながら、日本の手帳メーカーはこのチャック式が、なかなか滑らかに滑らすことが難しいので、日本でも数社しかなく、このチャック式に愛着のあるシステム手帳マニアは、ファイロファックスを希望される事が、多いです。

メモ代わりだけど文具へのこだわりとして

M5サイズのシステム手帳は、ポケットに入れる事ができるので、名刺フォンともいわれていたシステム手帳でポケットに入れる事ができるところから、メモをとる時に本当に便利です。お客様の中では、時間管理は、パソコンやスマホで保存管理し、瞬間・瞬間のメモ書きするのに大変便利でスタイリッシュです。

オシャレと持ち運びの便利さが女性にうけてます

一般にいわれるミニ6穴サイズ手帳です。このシステム手帳は女性のかばんにいれてもばしょをとらずにカラーも女性向きのオレンジやピンクなどのカラーを採用する事でカジュアルな感覚で使いやすく、2冊目のシステム手帳としてよく使われております。  

システム手帳の常識をかえたknox「PLOTTER」シリーズ

薄くて軽く、表紙が180度開く仕組みになっていてストレスを感じずに瞬間的に筆記ができ、システム手帳では、極限のリング8ミリ径を採用し、一枚革を使うことによってシンプルかつスタイリッシュでシステム手帳の新しい形または、ノートの新しい形といっても過言ではない、システム手帳を発売し、たくさんのユーザー様の心をつかんだシステム手帳となりました。今までは、システム手帳=分厚い・重い・書きにくいを根底からくつがえした、近未来的なシステム手帳です システム手帳は質感・重さなど体感しないとわからないものです。当店では、たくさんのシステム手帳をご用意しておりますので、自分にあった、システム手帳を探してみませんか。 NAGASAWA Journal Style&Chair Factory 〒650-0021 神戸市中央区三宮町1丁目6番18号 (ジュンク堂書店三宮店4階) [TEL]078-333-6603 [FAX]078-333-6604


楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!使える!ポイントUPやクーポン配布などお得なキャンペーンも開催いたします。