この度の能登半島地震により亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

本店

濡れた紙にもしっかり書ける!ゼブラ『加圧式ボールペン ウェットニー』

こんにちは。ナガサワ文具センター 三宮本店の秋月です。

今回ご紹介する商品はこちら!
ゼブラから発売の油性ボールペン『ウェットニー』!
名前のとおり「ウェットにイイ!」んです。

どうイイかと言うと・・・
この商品、濡れた紙にも書けて上向きの筆記もできる油性ボールペンなのです。
濡れた紙に書く時、通常のボールペンだと滲んだり破けてしまったりして書けませんよね。

《なぜそんなことが可能なのか》

『ウェットニー』はノック式加圧ボールペンです。
ノックをすると内部機構で空気が圧縮され、中芯に圧縮空気を送り込みます。
その圧縮空気が中芯を押し出すことで、筆記が可能になっています。

以前、他のメーカーの加圧式ボールペンも紹介していますので、そちらのブログも読んでいただけるとより分かりやすいかと思います。
エアプレスは『速書き』や『上向き筆記』『湿った紙への筆記』など機能充実のノック式加圧油性ボールペンです。

《だからこんなシーンで活躍します!》
屋外での作業、建設現場、配達中、アウトドアやDIYなどなど・・・。

屋内で濡れることはほぼないですが、上向き筆記になりやすい場面が多くあります。
壁にかかったチェックシートの記入や壁掛けカレンダーへの記入。
倉庫内の作業でも、バインダーを持って立ったまま筆記する場面も多く見られるのではないでしょうか。

立って筆記することが多い方にもおすすめのボールペンなのです。

そしてもう一つ注目したいポイントは頑丈なボディ!
屋外の作業中だと、硬い地面に落としてボディが割れてしまうことがあります。
そんな不満を解消したのがこのメタルボディです。

すごいのがなんと!
ミルスペックと呼ばれる米国軍事規格に準拠した落下試験をクリア!
このメタルボディがハードな使用環境にも耐える頑丈さを備えているわけですね。

《ミルスペックについて》
ミルスペックは、一般的にアメリカ軍が必要とする様々な物資の調達に使われる規格を総称した表現です。
『ウェットニー』はミルスペックのMIL-STD 810G-516.6(新516.7)に準拠した落下試験をクリアしています。
この基準は、高さ約1.22mの高さからラワン合板の床に向けて、26方向の角度から対象物を落下させて、正常に動作することを示すものです。
ミルスペックは耐久性の目安ですので、完全に安全性を保証するものではありません。
(ゼブラ株式会社HPより)

実際、通常のボールペンとどのくらい違うのか試してみました。
まずは上向き筆記。
明らかな違いが出ました。
やはり通常のボールペンでは擦れますね。

続いて濡れた紙の場合。
こちらも同様かなりの違いが確認できました。
ウェットニーの方は多少薄く見えるもののしっかり筆記出来ています!

こんな水に強い商品もありますよ。
「TAGEED MEMO PAD」「LEVEL BOOK」一緒に使うと最強かも!?

使う状況によってボールペンをかえてみてはいかがでしょうか。

商品詳細

商品名:ウェットニー
価格:¥600(税抜)
ボール径:0.7mm
インク色:黒 油性インク・耐水性
軸色:ガンメタリック/オレンジ/ブルー 全3種
替芯:K-0.7mm

    CONTACT

    商品についてのお問い合わせはこちら

    078-321-4500

    ナガサワ文具センター 本店

    商品の購入や取り置き、取り寄せ、ご予約などお気軽にお問い合わせください。
    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

    濡れた紙にもしっかり書ける!ゼブラ『加圧式ボールペン ウェットニー』

    必須お名前

    必須メールアドレス

    必須お問い合わせ内容


    SNS

    ナガサワ文具センター本店のSNSです。
    ぜひフォローお願いします。


    PAGE TOP