【ワークショップ】【ガラポン抽選会】などワクワクがいっぱいのイベント『文具の市』を開催!

文具の市

100年の伝統をもつオリジナル画材つくりつづけている東京銀座 月光荘特集!!

こんにちは!!
ナガサワ文具センター本店の、奥のほう
ほんのりムーディな画材売り場「ホワイトブリックス」の画材担当垣内と申します。

「月光荘」はご存知ですか?
東京は銀座に店舗を構える、老舗画材店です。
実はファンも多く、一時は月光荘商品を数多く仕入れていたのですが、最近はその名残があるくらいでした。
商品としてはとても素晴らしいものばかりですので、今一度その魅力をアピールしよう!
ということで、どでかいポップ(もはや看板)をひいこらフリーハンドで書いて、商品もクロッキー帳を中心に取り揃え、いい感じでホワイトブリックスにて展開しています!

そもそも「月光荘」とは
大正6年に文豪や画家たちと深く交流していた橋本兵蔵氏が創業し、
当時輸入に頼るしかなかった絵の具や画材を初の純国産の製造にこだわり作り続けている、
すごい画材店なんですねー。
で、その名前は彼を可愛がった与謝野鉄幹・晶子夫妻が詠んだ歌

大空の月の中より君来しや

ひるも光ぬ夜も光ぬ

から名付けられました。素敵ですねー。

商品は全てオリジナルの製造販売。それぞれの職人がこだわって作っています。
そして、これまでに26もの製品に特許を得ているそうです。
そのこだわりが「友を呼ぶホルンマーク」。
ホルンが刻印されたアルミ製画箱や、縫い付けられた帆布のバッグ、形あるうちは修理出来るとのこと。

すごい。

これが銀座のエスプリか。

職人や店舗スタッフまで動員し出荷作業しているそうですが、繁盛期には手が足りなくなることも。
そのせいで入荷も遅れたりしてしまいます。
気長に待ちましょう。

しかし今なら商品揃っています。

是非、月光荘のエスプリを感じにお越しください!

ついでに垣内の力作手書き看板が目印です!!

【お問い合わせ先】
ナガサワ文具センター 本店 Arts&crafts WHITE BRICKS
神戸市中央区三宮町1-6-18 ジュンク堂書店 三宮店3階
TEL 078-321-4500 担当:垣内