オエステ会 限定万年筆 キャップレス ニッポニア

西日本の文房具専門店が加盟している「オエステ会」。
もちろんナガサワ文具センターも加盟店です。

オエステ会では「文房具専門店の思いが詰まったモノづくり」をテーマに
これまで様々な文房具を発売してきています。

万年筆で言うと、これまでパイロットさんの万年筆「プレラ」をベースに
鳥をテーマにしたカラーリングで毎年発売してきました。

2019年、発足して10周年を迎えたオエステ会では
様々な10周年記念商品をリリースしていますが、
今回発売される”キャップレス ニッポニア”も10周年記念商品。

オエステ会のロゴにも使われているテーマカラーの赤と白の万年筆です。

10周年の万年筆を作るにあたり「日本らしさ」がテーマとなったそう。
日本だから国旗日の丸をイメージした白と赤のカラーリング。

そしてプレラシリーズを踏襲して鳥をイメージしたいよね。

日本らしい鳥で赤と白といえば、まず鶴。あと、朱鷺(トキ)。。。

え、朱鷺(トキ)の学名って ニッポニアニッポン(Nipponia nippon) なん!?

テーマにピッタリ過ぎる!これは朱鷺(トキ)でしょう!

と、大まかにはこんな流れで朱鷺(トキ)に決定したそう。

※オエステ会関係者の皆様。伝聞なので、多少の齟齬はお許しください。

ちなみにですがこんな学名の朱鷺(トキ)なのに国鳥ではありません。
日本の国鳥は雉(キジ)です。

赤と白のツートンカラーですが、単に上部と下部に分かれているのではなく、
白いから朱味がかった赤へのグラデーションが美しいですね。

万年筆好きな方はよくご存じかと思いますが、
販売店などがオリジナルでリリースするキャップレスは
キャップレスデシモというタイプをベースとしたものが多いんです。

しかし、このキャップレス ニッポニアは王道キャップレスを採用。
品番で言うとFC-15SRをベースに制作されています。

キャップレス デシモとの違いは・・・
軸の太さが王道キャップレスは13.4mm、キャップレス デシモは12mm。
軸の素材が王道キャップレスは黄銅、キャップレス デシモはアルミ。

つまり、キャップレスデシモは細くて軽いのが特徴なんですね。

デシモシリーズは確かに人気なのですが、
しっかり握ることができ、手にペンの重みを感じられるあえての王道キャップレス。

これも文房具専門店のこだわりでしょうか。

字幅はメーカー品のFC-15SRでは
F(細字)・FM(中細)・M(中字)・B(太字)の4種ですが
ニッポニアはこの4種に加えEF(極細)を加えた5種!

公式オンラインショップ オエステ会 ニッポニア(Nipponia)

ナガサワ文具センターでは公式オンラインショップの他、PenStyle DEN、さんちか店、梅田茶屋町店、煉瓦倉庫店、西神プレンティ各店で販売予定です。

発売日は12月6日ですが、11月23日より各店でご予約受け付けております。



公式オンラインショップ 2020年版スケジュール帳&カレンダー特集

楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!使える!ポイントUPやクーポン配布などお得なキャンペーンも開催いたします。