この度の能登半島地震により亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

梅田茶屋町店

小日向 京氏監修 飾り原稿用紙 新柄「碧翡翠」発売!

枻出版社 趣味の文具箱でおなじみの文具ライター 小日向 京氏が監修する飾り原稿用紙に待望の新柄が登場いたします!

小日向様

名前は「碧翡翠」(あおひすい)

碧翡翠

碧翡翠アップ

■商品詳細(あたぼうHPより)

この度、追加する新色の「飾り原稿用紙」は、「碧翡翠」(あおひすい)です。 碧翡翠は、当社が登記しております日野市の市鳥である「カワセミ」をイメージしております。このため、商品名は青色系ということで「碧」とし、「翡翠」は元来カワセミとその美しい毛色をを示し「か わせみ」とも読む言葉のため、これらを組み合わせて命名しました。港煉瓦に続いて、horirium 氏にデ ザインを依頼し、フルスクラッチ(真っ白からデザインを描き上げる)で製作しております。また、今 回も文具ライターの小日向 京氏に監修いただいております。 飾り枠は、全体的に清流の流れをイメージしており、清流に棲むカワセミを四隅に配置しています。

また、原稿用紙の要である魚尾の部分には、カワセミが水中で魚を捕まえ、飛翔する様子を表すデザイ ンを施してあります。そして、今回の碧翡翠でも原稿用紙の機能のひとつとして 5 文字、5 行単位でカウ ントが容易にできるように、デザイン上に目盛りも採用しています。今回の目盛りは、川に棲む魚を模 して絵柄になじむ工夫を凝らしています。

 

「碧翡翠」と聞いて布引エメラルドを想像された方はNAGASAWA通ですね(^^)

実はNAGASAWAオリジナルで創業131周年記念で発売させていただいた万年筆が「翡翠」(ひすい)でした。この万年筆は細かなラメが入っていて美しく、即完売してしまった幻の万年筆でございます。この万年筆をお持ちの方はこのペンで、そしてセットの布引エメラルドで書いていただきたいですね!(こちらの万年筆は完売しています。再販もございません。)

hisui

 

 

そして翡翠万年筆をお持ちではないお客様、何で書こうか嬉しい悩みが増えましたね(^^)

万年筆?いや、ガラスペン?

インクはどうする?

バレリー

アップ

 

写真の宮沢賢治「やまなし」はペン先Fで布引エメラルドで書いています♪

Valerie(ヴァレリー)はカリグラフィペン先でエルバンのラメ入りインク「エメラルドチボー」で書いています♪マス目も関係なく便箋の様に使ってみました。

https://kobe-nagasawa.co.jp/blog-umedachayamachi/j-herbin/

(エルバン エメラルドチボー動画)

https://www.youtube.com/watch?v=U0fIVx6yr54

(Valerieってどんな歌?って気になる方に ブルーノマーズ カバーバージョンで)

    CONTACT

    商品についてのお問い合わせはこちら

    06-6292-7660

    NAGASAWA 梅田茶屋町店

    商品の購入や取り置き、取り寄せ、ご予約などお気軽にお問い合わせください。
    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

    小日向 京氏監修 飾り原稿用紙 新柄「碧翡翠」発売!

    必須お名前

    必須メールアドレス

    必須お問い合わせ内容


    SNS

    NAGASAWA 梅田茶屋町店のSNSです。
    ぜひフォローお願いします。


    PAGE TOP