梅田万年筆フェス参加企業 和詩倶楽部

梅田茶屋町店スタッフ 池上です。
梅田万年筆フェス参加企業第5弾 和詩倶楽部様です。

和詩倶楽部は昭和四十五年に創業致しました。
寺社に使用する経本和紙や全国のきもの店向けに誂える「たとう紙(きものを収納するもの)」や市内の小売店舗向けに工芸品を制作したり市内の料理店菓子匠向けに包み紙や箱を製作し油小路二条の地を拠点に現在に至っております。
(和詩倶楽部HPより引用)

和紙倶楽部様は懐柄紙や包み香、朱印帳、ポチ袋やふたこと箋などを主に販売致しております。

懐紙とは和紙を二つ折りにしたもので懐中していたので「懐紙(かいし)」といい昔は歌を書いたり茶器を拭いたり菓子をのせたりして使っていました。

基本的な使用シーン(食事編)
折り目を手前にして使います。
食事のときはひざの上や横など目につかない場所に。使い終わったものは目立たない場所にまとめておいて、最後にゴミ箱に捨てるor持って帰ります。

基本的な使用シーン(仕事編)
懐紙はメモ用紙に使えます。
ちょっとした内容でメモを取りたい時でも使用していただけます。

懐柄紙 各¥400+税

懐柄紙入れ ¥2,800+税

朱印(しゅいん)は主に神社や寺院において主に参拝者向けに押印される印章およびその印影である。
複数の朱印の印影を集めることを集印(しゅういん)といい朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳(しゅいんちょう)御朱印帳(ごしゅいんちょう)納経帳(のうきょうちょう)集印帳(しゅういんちょう)と呼びます。

朱印帳 ¥1,900+税

今回のブログであげた商品は和詩倶楽部様の商品の中のほんの一部です。
私のおすすめは和紙倶楽部広報部長である『柴田部長』関連商品です。
かなりのオススメです!!
下記にリンクも貼りつけておりますので是非是非チェックしてみてはいかがでしょうか?
万年筆フェスに商品が並びますように・・・。

梅田茶屋町店
06-6292-7660

Twitter (@nagasawa_umeda)
Facebook (@NAGASAWA 梅田茶屋町店)
Instagram (nagasawa_umeda)
和詩倶楽部HP


【お問い合わせ先】
NAGASAWA梅田茶屋町店 TEL:06-6292-7660
SNS フォローお願いします♪
twitter_logo_blue Twitter (@nagasawa_umeda)
fb-flogo-blue-broadcast-2 Facebook (@NAGASAWA 梅田茶屋町店)
insta-icons2 Instagram (nagasawa_umeda)


公式オンラインショップ 2020年版スケジュール帳&カレンダー特集

楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!使える!ポイントUPやクーポン配布などお得なキャンペーンも開催いたします。