文房具との出会い…

昭和42年頃…私が通う小学校の正門前に2軒の学校前の文房具店がありました。
朝、登校前に鉛筆や消しゴム等を買って学校に登校していました。当時の私は、まさか文房具店で
働くなど思いもせずいつも文房具屋さんに通う毎日でした。
IMG_1730
鉛筆は、今のようにキャラクターのついた鉛筆もなく三菱鉛筆の9800番でした。
当時1本 10円だと記憶していて文房具は小遣い以外の特別費で母親から貰える小学生の経費?扱いでした。
毎日、夕方帰宅して宿題を終えて(あまり終える事はありませんでした(笑))から明日の準備に鉛筆を削る事が楽しみで「しゃりしゃり」と言う音と鉛筆の黒鉛と木の香が心地よく感じていました。
鉛筆との思い出もたくさんありますが本日は、筆箱の話題を取り上げてみました。
IMG_1729

そして衝撃的な出会い…

https://www.youtube.com/watch?v=L6WL17t6Ufo

このCMは、衝撃的でした。像が踏んでも壊れない…筆入れ子供心に「よっしゃ!これしかない」今思うと
これしかない?なんと浅はかな考えなのか?と思います。まあ、今も対して変わりませんが(笑)
像が踏んでも壊れないと言う過信が招いた事件がおきました。机から飛びおり筆箱を粉々に潰してしまった
忘れる事が出来ない出来事がおきました。

【像が踏まなくても壊れた筆入れ】

IMG_1725
サンスター文具のアーム筆入れと鉛筆は私の文房具の原点です。
復刻版のアーム筆入れから2015年に千葉県ぷんぷく堂の櫻井さんより当時のアーム筆入れを頂きました。
文房具店は、筆箱の中身のように自分の使う道具がぎっしり詰まった素敵な場所です。もう50歳を過ぎました。
あの衝撃的なCMから約50年経過した今でも休みの日、暇さえあれば文房具店を訪ねます。
いつまでも文房具が好きなんですね…と改めて思います。


ナガサワスタッフ注目の商品


なんと!ネットショップでは2月末までお名入れ無料キャンペーン開催中

プレゼントに喜ばれるのはもちろん、ご自身の愛着ある一品に仕上げることもできます。
気になる対象商品は、万年筆、システム手帳、名刺入れ、手帳カバーなどなど。
ぜひこの機会をお見逃しなく!
下記ページ内商品が対象となります。


オンラインショップ人気売上ランキング

  1. パイロット ノック式万年筆 キャップレス デシモ 20カラーズ 限定色
  2. 【名入れ無料】鉛筆セットプレゼント COBU 筆箱 マグネット式 ナガサワ限定カラー
  3. 【2月28日発売】プラチナ万年筆 ノック式万年筆 キュリダス
  4. 想いをつなぐ鉛筆削り TSUNAGO + ペンシルホルダー セット
  5. ASHFORD 本革システム手帳 HB×WA5サイズ LaLaLa
※楽天市場店での集計