NAGASAWAオリジナル万年筆 ギアスケ プロフェッショナルギアモデル スケルトン

万年筆を掃除する

1 2

3
毎日万年筆を使っているとペン先の切り割り(割れ部分)に紙の繊維が
付着したりペン先が詰まってしまい書き心地が悪くなる症状があります。
それとは、別にカーボンインク(黒)も長期間に渡り使用すると粒子がペン芯の中でペン芯の溝をつまらしたりペン先の切り割りに付着してインク
詰まりの原因になります。
定期的にインクの交換時には、洗浄をこまめにすると詰まる原因も少なくなりますが不精ものの私は、インクを注入したまま放置していて書けなくなる事や多々あります。
ペン先の細いものを好みますので紙粉が切り割りに詰まってしまいフロー
(インクの出る量)が悪くなってしまいます。
極細のペン先は、特に細心の注意やメンテナンスを必要といたします。
そんな時に役立つのがサーチャーと呼ばれる切り割りを掃除する道具に
なります。非売品なのがもったいないと思いますが・・・・
ただ、ペン先の切り割り部分をガリガリとやるとペン先を傷つけてしまいますので細心の注意を払い清掃いたします。
清掃して紙粉等がなくなると元のフロー状態に戻ります。
是非、お使い下さいとお伝えしたいのですが・・・・・
超極細や極細をお使いのお客様の中には、ご要望はあると思います。
一度、メーカー様へも相談してみて発売をお願いしてみようと思います。
難しいと思いますが・・・・



楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!使える!ポイントUPやクーポン配布などお得なキャンペーンも開催いたします。