ブログ

神戸インク物語50色発売記念万年筆[北野坂ナイトブルー 万年筆]


神戸インク物語50色記念の北野坂ナイトブルー万年筆について事務所勤務の女性スタッフ大田と語り合ってみました。

[登場人物]
竹内:商品開発
大田:マーケティング

なぜ記念万年筆に北野坂ナイトブルーを選んだのか

なぜたくさんある神戸インク物語のインクからこの北野坂ナイトブルーに決まったんですか。

現在発売されている神戸インク物語50色の中で年間通して一番人気のある色で万年筆を作りたいと思って。北野坂ナイトブルーインクは万年筆やガラスペンでゆっくり書くと濃い色になるんですがサラっと早く書くとこの北野坂ナイトブルー万年筆のような薄くて明るめの色になります。

神戸インク物語50色発売記念万年筆[北野坂ナイトブルー 万年筆]

濃い目の青だけど優しい色ですね。

ちょっとグリーン寄りのブルーなんですよね。あと、北野坂ナイトブルーということで星空をイメージさせるために細か〜いメタリックラメをよく見るとわかる程度に入れてます。それがこの万年筆の明るさを演出してるんです。実際の北野坂ナイトブルーインクより少しだけ明るい雰囲気になってます。シルバーの星屑が特徴です。

細かいラメを星空として再現

神戸インク物語50色発売記念万年筆[北野坂ナイトブルー 万年筆]

第一印象でそのキレイなラメが目につきました。

よ〜く見ないとわからないぐらいのラメだけどやっぱり主張してるんやね。このラメもサイズが大きすぎると下品になってしまうので上品さを保てるギリギリのラインで入れてみました。

女性も男性も使えるデザインですね。

そうですね。ラメの入り方によっては男性が使いにくくなる場合もあるんですがそこら辺も考えて大きさを決めました。なのでプレゼントにも喜ばれるんじゃないでしょうかね。

神戸インク物語の他の色も人気があると思うんですが今回の万年筆を作る時に迷われなかったんですか。

迷いはなかったですよ。もう最初から北野坂ナイトブルーしかないと考えてましたから(笑)実際に一番人気のある色なので何の迷いもなかったです。ただ、この万年筆のボディーの微妙な色は何パターンか出した中から迷いながら決めました。

神戸インク物語50色発売記念万年筆[北野坂ナイトブルー 万年筆]

金属部分のシルバーもボディーの色とよく合っててオシャレですよね。

このボディーにゴールドパーツを使うとちょっとイヤらしさが出るからね。全てシルバーで統一しました。普段使いの万年筆としてもサラッと使える一本です。

神戸インク物語50色発売記念万年筆[北野坂ナイトブルー 万年筆]

天冠も印象的なデザインで好きです。

神戸インク物語50色発売記念の万年筆ということで天冠は神戸インク物語のボトルシルエット以外に考えられなかったです。迷いなしです(笑)パッと見ても何のデザインかわからないところがまたグッドじゃないでしょうか。

神戸インク物語50色発売記念万年筆[北野坂ナイトブルー 万年筆]

そしてナガサワオリジナル万年筆ファンにはお馴染みの深く刻印したペン先の風見鶏もかっこいいですよ。記念万年筆なのでシリアルナンバーも入ってます。

北野坂ナイトブルーの由来

神戸インク物語50色発売記念万年筆[北野坂ナイトブルー 万年筆]

北野坂ナイトブルーの色の由来とか聞きたいんですが。

三宮から北野町へ向かうなだらかな坂の三宮寄りの色ですね。あんまり北の方まで行くと真っ暗になっちゃうのでちょっと色が違う。ややネオンが残っているぐらいのところのグリーンがかった真っ暗じゃない夜空をイメージした色です。もっと奥の六甲山の麓まで行くと空の色は暗くなるんやけどね。同じ北野坂でもこのインク色はあくまで三宮寄り。

紺色じゃない微妙な色がいいですね。キレイ。

あまり見かけることのないちょっと変わってる色ですけど使いやすい色だと思います。ペン先は本格的な21金。ペン先の太さは極細(EF)、細字(F)、中字(M)、太字(B)まで4種類で作ってます。普通に手紙を書くのならFかMをおすすめします。サインするならB。手帳や日記帳に細かい字を書くならEFですね。

ありがとうございます。普段万年筆使わないんですがちょっと欲しくなってきました(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る