NAGASAWAオリジナル万年筆 ギアスケ プロフェッショナルギアモデル スケルトン

Vintage Style DEN

1 2 3

4
10月海外のPEN Showにて買い付けした万年筆が検品や磨きをかけ
1本 1本 丁寧にメンテナンスに十分 時間をかけました。
いよいよ 三宮 Pen Style DENにて週末 デビューいたします。
その中でもペリカン M101トートスシェル 2本をご紹介させて頂きます。
1937年にペリカンは、最初のM101を発売しました。
昨年M101N トートス シェルブラウンモデルが復刻発売されました。
今年は、トートス シェル レッドが発売され店頭で陳列されています。
当時は、ドイツ国内のみで販売され現在でも愛好家に好まれており
ドイツで発見した時は、運命?と思うほどの驚きを覚えました。
店頭にて復刻版のトートスシェルレッドと当時のトートスシェルレッドを
是非、見比べてお楽しみ下さい。
数十年の時を超えて日本・神戸のDENにてお披露目が出来る事は
嬉しく思いまるで 娘を嫁に出すような気持ちになっています。
綺麗に磨かれたVintage 万年筆には、なんとも言えない魅力を感じます。
今週末の三宮 NAGASAWA Pen Style DENで手に取り素敵な万年筆の魅力を見つけにお越し下さい。
きっと素敵なVintage 万年筆が見つかると思います。
【特別生産品 M101N tortoiseshell brown – 甦った歴史的モデル】
1937年にペリカンは最初のM101Nを発売し大成功を収めました。全部で6モデルが販売されましたが、トータスシェル・ブラウン・モデルが、後に最も探し求められたビンテージ万年筆のひとつとなりました。当時このモデルはドイツ国外のみで販売されました。このモデルの形と色は、現在でも多くのビンテージ万年筆の収集家や愛好家に好まれています。ペリカンではこのM101Nトータスシェル・ブラウンを特別生産品として発売致します。
トータスシェルの胴軸とキャップはオリジナルではセルロイドが使われていましたが、この度発売されるモデルはセルロース・アセテートが使われています。ペン先はオリジナル同様14金で現代の万年筆と比べると1937年のモデルのように小ぶりに作られています。こげ茶色の部分は高級樹脂でできており、クリップとリングは14金ゴールドプレート仕上げになっています。
※ペリカンホームページより引用させて頂きました。
【M101N トータスシェルレッド】
人気モデルのM101Nトータスシェルブラウン、M101Nリザードに続き復刻シリーズの第三弾M101Nトータスシェルレッドを発売いたします。このモデルのギフトボックスには4001ロイヤルブルーのボトルインクがセットされています。これらには昔使用されたデザインが使われており、ペリカンファンに喜んでいただけるでしょう。
ユニークな模様の胴軸はセルロースアセテートで作られています。詳しい方は、この万年筆の装飾が極めてレベルの高いものだと分かるでしょう。ダークレッドの部分は時間をかけ磨かれた高級樹脂で作られています。14金のペン先はEF,F,M,Bの4種類からお選びいただけます。
※ペリカンホームページより引用させて頂きました。



NAGASAWAオリジナル 限定万年筆 #3776センチュリーモデル【垂水アプリコット】