店舗営業時間のお知らせ

「初代」の技術を継承した至極の逸品! シャーボX(SHARBO X) TF12

新着ブログ

みなさん
こんにちは。

シャープペンシルとボ-ルペンが一体になった筆記具を「シャーボ」と呼んでる方は多いのではないでしょうか。
「シャーボ」はゼブラ(ZEBRA)の多機能筆記具の名称ですが、他にメーカーによって例えばシャープペンと2色ボールペンが一体になった多機能筆記具なら「2+1」「2&1」「2*1」など様々な呼ばれ方をしています。
そんなシャーボが誕生したのは今から43年前の11月でした。
それから価格帯や機能、デザインなど様々なシャーボが発売されました。
古いカタログで時計付きというのも見た気がします。
そして2018年に数量限定で発売されたのが、「SHARBO X TF12」です。

この「TF」は「The First」、「12」は本体価格の12,000円の略です。
初代も高価な筆記具だったそうです。
そして見た目だけでなくこのTF12には初代の金属加工技術が継承されています。

また初代は「シャーボ」、このTF12は「シャーボX」です。
真ん中のリングに「ZEBRA SHARBO X」の文字が輝いています。

初代シャーボは0.5mmのシャープペンシルと油性ボールペンが一セットされていましたが、TF12はシャーボXなので付属の芯以外にも別売で好きな太さのシャープペンを1種類、色んな特徴のインクが入った替え芯から色、太さを選んで2種類セットすることができます。

ちなみにシャープペンシルの機構は0.3mm・0.5mm・0.7mmの3種類。
はじめは0.5mmが付属されています。
「油性インク」の替え芯は0.7mm・1.0mmがそれぞれ黒・青・赤・緑の4色。
極細の0.4mm・0.5mmは黒のみあります。
さらさらした「ジェル(水性)インク」の替え芯は0.4mm・0.5mmがそれぞれブラック・ロイヤルブルー・カーマインレッド・エメラルドグリーン・ブルーブラックの5色です。
油性ボールペンとジェルボールペンのインクをいいとこ取りした「エマルジョンインク」の替え芯は0.5mm・0.7mmにそれぞれ黒・青・赤・緑があります。
はじめはこのエマルジョンインク0.7mmの黒と赤の替え芯が付属されています。

1本だけ長いパイプがあるのでそこにシャープペンシルの機構をセットします。
他に2つ穴があるのでそこにボールペンの替え芯をそれぞれセットします。
色んな組み合わせが出来るので、使うシーンで変えてみるのもおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

オンラインショップでのご注文はこちら

Yahoo!ショッピングで購入
amazonで購入

    商品についてのお問い合わせはこちら

    078-321-4500

    ナガサワ文具センター 本店
    お電話受付時間:10:00〜21:00

    お問い合わせの際は「ホームページに載っている○○という商品について」というとスムーズです。商品の購入や取り置き、取り寄せ、ご予約などお気軽にお問い合わせください。

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しておりますが、土日祝に届いたメールについては翌営業日以降の返信となります。


    ページタイトル 「初代」の技術を継承した至極の逸品! シャーボX(SHARBO X) TF12
    ページURL https://kobe-nagasawa.co.jp/item_introduction/p-45947/
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須お問い合わせ内容

    ※メールアドレス/設定不備による弊社からの返信メール不達が増えております。

    メール送信前に再度ご確認ください。


    お問合せからしばらく経っても弊社からの返信がない場合は、弊社からの返信メールの不達が考えられます。

    その際は、お手数をお掛け致しますが

    (お問合せ専用アドレス)inquiry@kobe-nagasawa.co.jp

    までご連絡をお願い致します。


    今話題の商品