緊急事態宣言解除に伴う、各店営業時間変更のお知らせ【10月1日(金)〜】

軽い書き味といえばやっぱり水性ボールペン OHTO(オート)の「リバティ」&「セルサス」です

新着ブログ

みなさん
こんばんは。
ナガサワ文具センターパピオス明石店の大塚です。

みなさんは普段どんなボールペンをお使いでしょうか?
油性のボールペンやゲルインクボールペンをお使いの方が多いのではないでしょうか。
最近は滑らかに書けるのが主流になりつつある油性ボールペン、鮮やかでカラーバリエーションも豊富なゲルインクボールペン、そんな中で残念ながら消えつつあるのが水性ボールペンです。
最近はパイロットからノック式の水性ボールペン「Vコーンノック」が発売されましたが、なかなか新商品が出ないのが水性ボールペンです。

しかし書き味の軽さではやっぱり水性ボールペンが1番です!
そんな水性ボールペンで今回はOHTO(オート)の「リバティ」「セルサス」をご紹介します。

リバティ


一見すると万年筆のようですが、キャップ式の水性ボールペンです。
0.5mmの水性インク「C-305」芯がセットされています。
・サイズ
全長142.3mm 軸径11.2mm 最大径13.5mm
・重さ
25.8g
・カラーバリエーション
ブラック
ワイン
シルバー
ブラウン
本体価格
1,000円 + 税

セルサス


先程のリバティとそっくりなフォルムですがこちらのセルサスは少し太めです。
比べてみるとこんな感じです。
上がリバティ、下がセルサスです。


ちなみにセットされている芯はリバティと全く同じです。
・サイズ
全長142mm 軸径13.2mm 最大径16.7mm
・重さ
33g
・カラーバリエーション
ブラック
ワイン
ブルー
シルバー
ブラウン
本体価格
1,500円 + 税

替芯いろいろ

先程、ご紹介しました0.5mmのC-305以外にも色んな太さがあります。
少し細い0.4mm
太くなると0.7mm、1.0mmまであります。

書いてみました。

太くなると水性ボールペンの弱点であるにじみが出てしまう気がします。

またインクの色も黒以外にも赤や青、万年筆みたいにブルーブラックもありました。

残念ながら廃番です・・・

そして水性ボールペンじゃなくてこのボディを油性ボールペンで使いたいよ!という方向けに同じ形で油性インクの替芯もあります。

こちらも在庫限りで終了です・・・

ならばゲルインクの替芯も同じ形でありました。

こちらも廃番でした・・・

面白い芯がこちらの筆タイプの芯です。

在庫限りで終了ですが筆ペンとして使うことも出来ます。

お取扱い店舗

ナガサワ文具センター本店
ナガサワ文具センターパピオス明石店
ナガサワ文具センタープレンティ店

最後までお読みいただきありがとうございました。

    商品についてのお問い合わせはこちら

    078-321-4500

    ナガサワ文具センター 本店
    お電話受付時間:10:00〜21:00

    お問い合わせの際は「ホームページに載っている○○という商品について」というとスムーズです。商品の購入や取り置き、取り寄せ、ご予約などお気軽にお問い合わせください。

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しておりますが、土日祝に届いたメールについては翌営業日以降の返信となります。


    ページタイトル 軽い書き味といえばやっぱり水性ボールペン OHTO(オート)の「リバティ」&「セルサス」です
    ページURL https://kobe-nagasawa.co.jp/item_introduction/p-50101/
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須お問い合わせ内容

    ※メールアドレス/設定不備による弊社からの返信メール不達が増えております。

    メール送信前に再度ご確認ください。


    お問合せからしばらく経っても弊社からの返信がない場合は、弊社からの返信メールの不達が考えられます。

    その際は、お手数をお掛け致しますが

    (お問合せ専用アドレス)inquiry@kobe-nagasawa.co.jp

    までご連絡をお願い致します。


    今話題の商品