この度の能登半島地震により亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

文房具の部屋 〜神戸からの手紙〜

コラム Colors by LAMY safari×Kobe INK物語

LAMY safari

2016年のこと、私の文具仲間でもありフリーアナウンサーとして活躍されている堤信子さんと、代官山でお茶をご一緒した時に、近くに素敵な文具店があるのでちょっと寄っていきましょうと誘われて(ナガサワ文具センターではなかったのが残念なところ)そこで出会った万年筆が当時の限定モデルだったLAMY safariの「ダークライラック」でした。
堤さんから「いずパパ(私のこと)はもう買われたの?」と訊ねられて、その頃すでにLAMY safariだけでも複数本を所有していたことと、組み合わせて使うインクのイメージができていなかったこともあって、今回の限定モデルを買おうか否か迷っていたところでしたが、彼女の言葉に背中を押されて、めでたくお迎えすることになりました。
さて、家に帰ってから、あらためてLAMY safariダークライラックを見つめて、どんなインクが似合うだろうか?と部屋の万年筆インク棚を見回したところ、購入してからしばらく使っていなかった「Kobe INK物語・特別限定色モネヴァイオレット」(現在は完売)を入れてみたらすっかり気に入ってしまい、いまもこの組み合わせでペンケースの中に収まっています。

LAMY safariとカラーインクの組み合わせを楽しむ

ドイツのデザイナーWolfgang Fabian(ウルフガング・ファンビアン)が手掛けたLAMY safariは、1980年に誕生して以来40年以上の歳月が過ぎた現在でも古びた印象はなく、ひょっとしたら時代の方がまだ追いついていないのではとすら感じます。

LAMY safariの魅力をあらためて考えてみると、デザインの秀逸さはもちろんのこと、手軽に購入できる価格とカジュアルでファッショナブルな佇まい、そして万年筆らしさを押しつけないフレンドリーさなど、数え上げればきりがないほどです。
それに魅了されて、毎年発売される限定モデルをつい買ってしまうファンの気持ちはよくわかります。コレクションアイテムのようでもありながら、しっかり使える実用性を備えている点が長くユーザーから支持される理由だと思います。
また、現在の万年筆インク人気のおかげで、店頭に並ぶインクのカラーバリエーションが爆発的に豊富となり、LAMY safariを色鉛筆のように楽しむユーザーは少なくありません。

LAMY safari2023年の新色

2023年5月に発売されるLAMY safariは「Colors by LAMY safari」をテーマにした「スプリンググリーン・アクアスカイブルー・ライトローズ」の3色がラインナップに登場、ペン全体をつややかな光沢でつつみ、細部に至るディティールまで統一したカラーでまとめた、これからの季節にピッタリな万年筆です。

Colors by LAMY safari×Kobe INK物語

今回の「Kobe INK物語」は、そんな「Colors by safari」のコンセプトに合わせた、コラボレーションインクです。
Colors by LAMY safariのカラーと合わせた統一感をしっかり継承しながら、ナガサワ文具センター「Kobe INK物語」らしいこだわりが、明るいだけではない、実用性の高いインクに仕上がりました。
LAMY safari「ダークライラック」で私が体験したようなインクの組み合わせに迷ってしまう悩みを、はじめから解決してくれる今回のコラボレーションはユーザーにとっては嬉しい限りです。
さらにColors by LAMY safari「アクアスカイブルー」に「Kobe INK物語」の「アクアスカイブルー」インクと合わせて使うのもいいですが、「ライトローズ」の本体に「スプリンググリーン」のインクを入れて使うのもなんだかオシャレな気もします。
そうなると、万年筆はどの色に?じゃあインクはどの色に?とさらなる悩みが生まれてきそうです。
もういっそのこと、万年筆Colors by LAMY safariを3色と、Kobe INK物語を3色ひとまとめに購入してしまえば、こんな問題は難なく解決するのですが。
ドイツの名門LAMYとご当地インクの先駆けとなった神戸ナガサワ文具センターが取り組んだ初めての試みは、多くの万年筆ユーザーにとって悩みながらも楽しんでもらえる素敵なコラボレーションになるはずです。

Kobe INK物語 Colors by LAMY safari springgreen

Kobe INK物語 Colors by LAMY safari aquasky

Kobe INK物語 Colors by LAMY safari lightrose

筆者プロフィール

出雲義和・フリーランスライター

文房具を中心に様々なジャンルで執筆活動を行うほか、テレビやラジオにも出演。様々な視点で文房具の魅力や活用術を発信中。
works:雑誌書籍「趣味の文具箱」「ジブン手帳公式ガイド」「無印良品の文房具。」他、web「WEZZY」「マイナビおすすめナビ(監修)」他

    CONTACT

    商品についてのお問い合わせはこちら

    078-321-4500

    ナガサワ文具センター 本店

    商品の購入や取り置き、取り寄せ、ご予約などお気軽にお問い合わせください。
    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

    コラム Colors by LAMY safari×Kobe INK物語

    必須お名前

    必須メールアドレス

    必須お問い合わせ内容


    PAGE TOP