ブログ

小日向京のひねもす文房具|第百十五回「紙フェスKOBE 2017」


小日向京のひねもす文房具|第百十五回「紙フェスKOBE 2017」

2017年11月3・4・5日(金祝・土・日)、今年も「紙フェスKOBE 2017」が北野工房のまち3階講堂にて開催されます!
このイベントは、数々の紙製品や紙関連製品メーカーなどが集まり、ワークショップも行われる紙の祭典。昨年の告知は、第六十四回に書きました。

会場の北野工房のまちは、旧北野小学校の校舎が使われた商業スペース。この3階にある講堂は体育館として使われてもいたようで、舞台のある広い空間が紙フェスの会場です。
今年は飲食店含め32のブースが集結! 会場マップは以下の通りです。

小日向京のひねもす文房具|第百十五回「紙フェスKOBE 2017」

こちらのお店やあらましを一覧にして見るため(私も覚書にしたく)、以下へ概要とともに挙げてみます。

◆ 手帳社中→てのひらサイズ手帳「ochibi」を作るワークショップ/手帳のお供の手帳を作るワークショップ
◆ 日替わりワークショップ(11/3)→手漉き和紙体験/Rainbowによる彫紙アート
◆ 日替わりワークショップ(11/4・5)→スクラップブッキング/ゼンタングル
◆ ペーパーメイク(PAPERMAKE)→紙のアクセサリーを出品
◆ こどものかお→フラワーモチーフのラバースタンプでオリジナルノートづくり(11/5)
◆ パイインターナショナル→1枚ずつ切り離して使える愛らしい紙を100枚収録した「100枚レターブックシリーズ」を出品
◆ HoneyStyle→レターコンシェルジュ*HoneyStyle*の「選べるレターセット」や模様入り切手、活版印刷のクリスマスカードなど
◆ バックストリートファクトリー→人型付箋メンモ・文字付箋デンモなど出品
◆ 新日本カレンダー日めくり用紙を使った「365notebook」などを出品
◆ プロペラスタジオ→オリジナル紙アイテムを詰め合わせた、紙フェス神戸限定の「HAPPY BAGセット」を出品
◆ 真創(SHINSO)→活版印刷・Echos(エコース)商品も出品
◆ Sassou→東欧文具雑貨
◆ エフロノット→ヘブライ雑貨や懐かしい文房具
◆ リュリュ(RYU-RYU)→マステでオリジナル缶バッジを作ろう!
◆ わかば図工→モビール教室「インテリアのアクセントに、揺れるモビールを」
◆ *字路雑貨店→木版で摺る 年賀状づくり
◆ ぷんぷく堂→友禅和紙と外国のラッピングペーパーで集印帳を作ろう(11/4・5)
◆ そよそよ→りすさんのメッセージカード、うさぎさんのメッセージカードなど
◆ 紙匠雑貨エモジ→8cm×8cmメモノート作り/オリジナルノート作り
◆ 谷田有似→ハサミで切り絵しおりを作ろう/切り絵ブックカバーを作ろう
◆ 山本紙業→紙の箱詰め/メモをもぎって購入する「もぎりメモ」
◆ 遊星商會→星座や月をモチーフにした紙アイテム
◆ sutta→シルクスクリーンの印刷で、イベント限定ブックカバーや北野工房のまちモチーフのトートバッグを作ろう
◆ 上村紙→和紙を使ったぽち袋、はがき、一筆箋、ノートなどの文具や紙風船を作る「京都烏丸六七堂」製品を出品
◆ オオウエ→和紙製品「和紙田大学」や「off」などを出品
◆ るぅの→がま口ペンケースにはペンギンと水玉、鳥獣戯画×デニムカラー、GIGA鳥獣柄も出品
◆ オフィスリール→ミニチュア絵本を作ろう/ミニチュアアルバムを作ろう/古い切手のカレンダー豆本を作ろう
◆ ちぃぶっく→豆本アクセサリーの実演販売
◆ icco nico→ヌメ革携帯マスキングテープキャリングケース・「袋くまケース」など
◆ 山陽製紙→セメントなど工業用クレープ紙を用いたピクニックラグや雑貨など「crep(クレプ)」製品を出品
◆ 中島重久堂→削りかすをアートにして楽しむPencil Flake Art Work /鉛筆と鉛筆を削ってつなげるTSUNAGO Work Shop
◆ カフェラヴニール→ホットドッグ/カレーライス/コーヒー/オーレ/オレンジジュース/瓶ビール/カクテル
◆ space R→クッキー/サブレ/フロランタン

◆ トークショー(11/3・14:30〜)土橋 正&小日向 京
◆ じゃんけん大会→11/3・16:00〜/11/4・16:00〜/11/5・15:00〜
◆ 手帳!展(ててん)→2018年の手帳各種をステージにて体感

というわけで11月3日(金祝)14時30分からのトークショーに小日向も参加します!

小日向京のひねもす文房具|第百十五回「紙フェスKOBE 2017」

トークショーでは、手帳社中のjuunさんに司会進行いただいて、文具コンサルタントの土橋 正さんと紙の楽しみあれこれを語る予定です。
昨年の紙フェスKOBE 2016でもこの3人のメンバーでトークショーをした次第で、その時の光景はこのようでした。▽

小日向京のひねもす文房具|第百十五回「紙フェスKOBE 2017」

楽しそうですね!
しかし和気あいあいと笑っていますが、土橋さんのクリーンで快適な素敵ライフと、小日向の地べたを這うように生きる出たとこ勝負ライフは、まるっきり真逆。
なぜあんな風に綺麗に生きられるのか? 土橋さんは?!
…といったところを今年も伺ってみたいと思います。

紙あり、飲食あり、ワークショップあり。そして出店者から用意された景品がじゃんけんで当たる大会など、今年も豊富な内容で開催される紙フェスKOBE 2017。
皆さまどうぞ足をお運びください!

小日向 京(こひなた きょう)

文具ライター。
文字を書くことや文房具について著述している。
『趣味の文具箱』(エイ出版社刊)に「手書き人」「旅は文具を連れて」を連載中。
著書に『考える鉛筆』(アスペクト刊)がある。
「飾り原稿用紙」(あたぼうステーショナリー)の監修など、文具アドバイザーとしても活動している。

小日向京のひねもす文房具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る