ブログ

  1. %e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%83%a0%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af311

    【プレミアムオリジナルノートを作ろう! NAGASAWA 梅田茶屋町店】

    表紙や中身の紙、またリングや留め具を選んで頂き、アナタだけのプレミアムなオリジナルノートが作れるイベントです。お好きな組み合わせで楽しんでみてくださいね。

  2. %e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af2

    エルバンの香りつきインクがリニューアル

    こんにちは!寺田です。今日は、エルバンの香りつきインクを紹介します!今までもあったエルバンの香りつきインクがこの度リニューアルして販売になりました。パッケージも可愛く、箱に入りさらに瓶が香なしのインクと同様の瓶になってペン置きが付いています。

  3. %e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

    さくら 咲く ピンクな万年筆たち

    カリグラフィ講師の坪井なつみ先生より素敵な桜のカリグラフィカードを見せていただきました!やさしい淡いピンクは見ているだけで心が和みます❤ 店内にこちらのカードは飾らせて頂いておりますので、ぜひご覧くださいませ♪さて、こんな素敵なカードを見ると可愛いピンクの万年筆が欲しくなって...

  4. %e3%83%87%e3%82%b7%e3%83%a2

    パイロット 2017年限定キャップレスデシモ万年筆入荷!

    パイロットから2017年限定のキャップレスデシモ万年筆が入荷いたしました。こちらは日本でも全店舗で販売できるわけではないキャップレス万年筆です。今年はほっそりしたデシモの形で可愛い春らしい色です。

  5. 小日向京のひねもす文房具|第八十回「ライフ マージンノート A5 横罫」

    小日向京のひねもす文房具|第八十回「ライフ マージンノート A5 横罫」

    ライフから昨年発売となったマージンノートは、商品名を「MARGIN」といいます。マージンとは「余白」の意味。ワープロでの余白設定機能でなじみ深いのではないでしょうか。また、何かから何かを差し引いたものを意味し、原価と売値の差額である「利ざや」や「手数料」を示すこともある言葉です。

  6. %e9%95%b7%e5%88%801

    NAGASAWAオリジナル プロフィット21銀 長刀B入荷!

    長刀(なぎなた)研ぎ万年筆で遊ぼう!ペンの先端に通常のペンポイントより大きいペンポイントをつけ、長刀の刀型のように長く、角度を滑らかに研ぎ出して仕上げています。それにより<トメ><ハネ><ハライ>など日本の文字をより美しく書くことができ、最も漢字に適しているといわれております。

  7. %e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%82%a8%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

    トラベラーズノート オリーブエディション 御予約受付中

    『トラベラーズノート』に、2017年の限定カラーとしてオリーブエディションが登場します。 ただいまでしたら、お渡しが可能な数量が確保できる予定です。確実に手にされたい方はお早目にご予約くださいませ。

  8. 銀座にてKobe INK物語

    銀座にてKobe INK物語

    今日はG Itoya 10階ビジネスラウンジにて19日からお取り扱いいただく「Kobe INK物語」のお披露目記念講演、並びに全61色の試筆会開催。銀座伊東屋様に並んだINK達はなかなか見応えがありました。お陰様で講演は満席で充実のひと時でした。

  9. ペンドクター 川口明弘氏ペンクリニック@NAGASAWA PenStyle DEN,梅田茶屋町店

    川口明弘氏 ペンクリニックのお知らせ

    お手持ちの万年筆や当日お買い上げいただいた万年筆のペン先を無料で診断・調整をさせていただきます。

  10. %e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%82%a8%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

    トラベラーズノート オリーブエディション 御予約受付中

    『トラベラーズノート』に、2017年の限定カラーとしてオリーブエディションが登場します。トラベラーズノートに似合う革の色はなにか?2006年に黒と茶色を定番ラインアップにして以来、色もまた、ひとつのテーマとして試作を繰り返してきました。

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る