ファーバーカステル 255周年記念万年筆とインク

今年2016年、ファーバーカステルは255周年を迎えます!(*゚▽゚)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゚▽゚*)

凄いですよね~~255周年って!

fabercastle

ではファーバーカステルについて少し解説を・・・

1761年にドイツ・ニュルンベルグ郊外のシュタインで事業を開始、今日のファーバーカステル グループの基礎を築きました。その後19世紀半ば、六角形の鉛筆を発明、鉛筆の長さや太さ・硬さの基準を作るなど、木軸の鉛筆と色鉛筆製造において業界をリードする存在となりました。

Stifte_Bund_260

 

新しい名の誕生

1898年、ローター・フォン・ファーバーの孫娘オッテリー・フォン・ファーバーは、ドイツで最も伝統がある貴族の一つの子孫であったアレグザンダー・ズ・カステル・リューデンハウゼン伯爵と結婚しました。 ここで、「ファーバーカステル」という会社名が誕生したのです。

夫婦

 

こちらがファーバー家の紋章です。

6代目まで家紋

 

こちらがカステル家の紋章です。

家紋

 

 

 

ファーバーカステル255周年を記念し、リミテッドアイテムが登場します。

まずはファーバーカステルの歴史を語るうえで欠かせない、6代目当主のアレグザンダー・フォン・ファーバーカステル伯爵をテーマとした”ヘリテージコレクション・アレグザンダー”万年筆です。

アレグサンダー

 

次に、アレグザンダーの妻、「オッテリー」をテーマにした万年筆です。

彼女がスミレ色を好んでいたことから、イメージカラーはパープルとなります。

オッテリー

 

パープルのインクも限定で発売となります。

すみれ色を好んだオッテリーからイメージを想起した、バイオレット。(紫色は昔から高貴な色とされており、芯が強いながらもしなやかな活躍を見せたオッテリーに通じるものを感じさせます。

バイオレット

 

万年筆は18金ペン先でEF/F/M/Bがあり¥200000+税です。

ボトルインクは¥3600+税です。

10月以降順次入荷してまいります。

ご予約もお受けしておりますので、どうぞご連絡くださいませ。

06-6292-7660

 

 

さて、もうすでに発売をされていますが、ファーバーカステルのボトルインクの色数が増えたのをご存じですか?

新色は3色で、ただいま9色が発売されています。

カステルインク

新色の1色目はディープシーグリーン

ディープシーブルー

2色目はミッドナイトブルー

ミッドナイトブルー

3色目はロイヤルブルー

ロイヤルブルー

 

今まで出ていた定番色の中では個人的にはモスグリーンとガーネットレッドが好きです(^^)

mos ガーネット

お店に色見本もご用意しておりますので、ぜひご覧くださいませ☆

ファーバー
【お問い合わせ先】
NAGASAWA梅田茶屋町店 TEL:06-6292-7660
SNS フォローお願いします♪
twitter_logo_blue Twitter (@nagasawa_umeda)
fb-flogo-blue-broadcast-2 Facebook (@NAGASAWA 梅田茶屋町店)
insta-icons2 Instagram (nagasawa_umeda)


公式オンラインショップ 2020年版スケジュール帳&カレンダー特集

楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!使える!ポイントUPやクーポン配布などお得なキャンペーンも開催いたします。