小日向京のひねもす文房具

  1. 小日向京のひねもす文房具|第七十二回「香港で見た文房具2」

    小日向京のひねもす文房具|第七十二回「香港で見た文房具2」

    先週は、クリスマスさなかの香港にいました。香港は力作文字に出合える街なので、足繁く訪れては文字書きの参考にしています。それと同時に文房具パトロールも欠かさず行う次第。第五十七回「香港で見た文房具」に続いて、再び香港で目にした文房具について記します。

  2. 第七十一回「URUSHI JAPANのパイロット キャップレス フェルモ」

    小日向京のひねもす文房具|第七十一回「URUSHI JAPANのパイロット キャップレス フェルモ」

    2016年5月13日に発売された、「ナガサワ文具センター創立134周年記念万年筆・URUSHI JAPAN」。パイロットのキャップレス フェルモをベースに、漆黒と朱の漆塗りをまとった特別な逸品は、発売前から大きな話題を呼びました。

  3. 小日向京のひねもす文房具|第七十回「アシュフォード エレン マイクロ5」

    小日向京のひねもす文房具|第七十回「アシュフォード エレン マイクロ5」

    今年もさまざまな文具との出会いがありました。あと2週間ばかり残っているので今年の文具巡り会いを過去形にするのはまだ早いですが、ここはいったん過去形にしたいと思います。

  4. 小日向京のひねもす文房具|第六十九回「ふたふで箋」

    小日向京のひねもす文房具|第六十九回「ふたふで箋」

    前回のひねもす文房具で話題にした、2016/12/2〜4開催・NAGASAWA梅田茶屋町店での「万年筆サミット2016」は大盛況のうちに終了しました。その会場で「あれっ、発売前なのにもう出てるの?」と好評いただいたものが、あたぼうステーショナリーの新製品「ふたふで箋」です。

  5. 小日向京のひねもす文房具|第六十八回「万年筆サミット2016 at NAGASAWA梅田茶屋町店」

    小日向京のひねもす文房具|第六十八回「万年筆サミット2016 at NAGASAWA梅田茶屋町店」

    師走。今年もやってまいりました、万年筆サミットの時期が!2016年12月2日(金)・3日(土)・4日(日)10:00〜19:00(最終日〜18:00)とNAGASAWA梅田茶屋町店で3日間にわたり開催される万年筆の祭典です。

  6. 小日向京のひねもす文房具|第六十七回「台湾で見た文房具」

    小日向京のひねもす文房具|第六十七回「台湾で見た文房具」

    台湾・台北に来ています。上の写真は「物外設計/ystudio」のボールペンとペンシル芯ケース。台湾の若手デザイナーによるブランドです。ともに真鍮製で、ボールペンは回転繰り出し式。

  7. 小日向京のひねもす文房具|第六十六回「カランダッシュ 849 ボールペン」

    小日向京のひねもす文房具|第六十六回「カランダッシュ 849 ボールペン」

    鉛筆のような六角軸に、ノック式のスマートなデザイン、そして「SWISS MADE」の文字。1969年の発売いらい47年を経て今なお人気のボールペンが、カランダッシュ 849です。この軸色には各種あって、売場を覗くと新たな色柄に出会えることもしばしば。

  8. 小日向京のひねもす文房具|第六十五回「mt STORE at NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店

    小日向京のひねもす文房具|第六十五回「mt STORE at NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店」

    2016年11月10日(木)から9日間にわたって、マスキングテープの「mt」がNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店イベントスペースに登場、早くも初日から大盛り上がりとなっているようです。

  9. 第六十四回「紙フェスKOBE 2016」

    小日向京のひねもす文房具|第六十四回「紙フェスKOBE 2016」

    2016年11月5・6日(土日)、神戸・北野工房のまち 3階講堂で開催される「紙フェスKOBE 2016」。「紙モノ・作家モノ・紙系ワークショップ」約30ブースが大集合するというイベントです。「北野工房のまち」といえば、昭和6年に建てられた旧北野小学校の校舎がまず見どころ。

  10. %e7%ac%ac%e5%85%ad%e5%8d%81%e4%b8%89%e5%9b%9e_%e5%86%99%e7%9c%9f1-1

    小日向京のひねもす文房具|第六十三回「NAGASAWA PenStyle キップ 3本差し ペンケース」

    ナガサワ文具センターの人気オリジナル商品のひとつ、キップレザーシリーズ。このシリーズには小銭入れから手帳ケース、ペーパーウェイトまで各種揃っており、節目節目に買い足していくのが嬉しくなる逸品です。なかでも上の写真のような3本差しペンケースをお持ちのかたは、特に多いのではないでしょうか。

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る