小日向京のひねもす文房具

  1. フィッシャーマンズ・フレンド

    小日向京のひねもす文房具|第四十四回「フィッシャーマンズ・フレンド」

    ナガサワ文具センターの梅田茶屋町店レジまわりや、神戸煉瓦倉庫店の売場コーナーなどで、よく目にするこのパッケージ。ああ、あるある。うん、買った! というかたもいらっしゃるのではないでしょうか。こちらは英国の「フィッシャーマンズ・フレンド」というミント系タブレットです。

  2. 趣味の文具箱 vol.38

    小日向京のひねもす文房具|第四十三回「趣味の文具箱 vol.38」

    「文房具を愛し、人生を楽しむ本。」というテーマで年4回刊行している、エイ出版社の『趣味の文具箱』。エイ出版社の「エイ」の漢字は、木へんに世と書きます。このブログの更新翌日・2016年6月9日(木)には、『趣味の文具箱 vol.38』が発売となります。

  3. 古川紙工 そえぶみ箋

    小日向京のひねもす文房具|第四十二回「古川紙工 そえぶみ箋」

    レター売場で目に留まる、様々な愛らしい絵柄が添えられた小さな一筆箋。それが、「そえぶみ箋」です。

  4. コレクト 情報カード 5×3 補助6ミリ罫

    小日向京のひねもす文房具|第四十一回「コレクト 情報カード 5×3 補助6ミリ罫」

    以前の第二十六回「beside〈ビサイド〉ジョッター」で「5×3カードについて、また別の機会にお話ししたい」と申していた5×3カードのことを、今回書きたく思います。上の写真のように1枚ずつバラになったカード状の紙は総称して「情報カード」と呼ばれています。

  5. ハン六のスットカケール

    小日向京のひねもす文房具|第四十回「ハン六のスットカケール」

    ゴールデンウィークは過去の思い出となり、いつもの日々にも慣れてきた5月半ば。

  6. URUSHI JAPANとナガサワ文具センターの創立記念日

    小日向京のひねもす文房具|第三十九回「URUSHI JAPANとナガサワ文具センターの創立記念日」

    最近ナガサワ文具センターホームページのバナーや店頭で目にする「134周年記念 URUSHI JAPAN」。パイロットの繰り出し式キャップレスをベースに、漆塗りの施された軸は美しいことこのうえなし。

  7. 小日向2日店員

    小日向京のひねもす文房具|第三十八回「2016年5月4・5日、小日向2日店員」

    今年もゴールデンウィークがやってきました。4/29から断続的に土日祝日が続く今年の暦のせいか、今週は「GW中盤戦から後半戦に突入!」と何かの戦いに挑むかのような感覚です。そんな折、上の通り小日向はNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店でイベントに参加します。それが「2日店員」というもの。

  8. 飾り原稿用紙・碧翡翠(あおひすい)とオエステ会プレラ・カワセミブルー

    小日向京のひねもす文房具|第三十七回「飾り原稿用紙・碧翡翠(あおひすい)とオエステ会プレラ・カワセミブルー」

    前回の第三十六回で紹介した、西日本文房具専門店会である「オエステ会」と、オエステ会から2016年4月23日(土)に限定発売となったオリジナル商品のプレラ・カワセミブルー。発売すぐの土日にいち早く手にされたかたもおられるのではないでしょうか。

  9. オエステ会とプレラ・カワセミブルー

    小日向京のひねもす文房具|第三十六回「オエステ会とプレラ・カワセミブルー」

    ナガサワ文具センターの店舗やSNSなどで、「オエステ会」という言葉を目にします。『オエステ会オリジナル商品が発売!』という感じで紹介されている「オエステ会」とはどのような会なのか?今回はその話をいたしましょう。

  10. シヤチハタ ページナンバースタンプ

    小日向京のひねもす文房具|第三十五回「シヤチハタ ページナンバースタンプ」

    うららかな陽気となったこの頃でも、朝晩ちょっと冷え込んだり、でもこれは冬の寒さに比べたら大したことはないな…と思ったり、昼間は汗ばむことさえあったり、暖かいのやら寒いのやらと感じるものです。そうこうするうちに「なんだか毎日眠い…」となりますよね。

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る