小日向京のひねもす文房具

  1. n→エンヌさんちか店 店舗改装売りつくし

    小日向京のひねもす文房具|第二十二回「n→エンヌさんちか店 店舗改装売りつくし」

    神戸で長年にわたり愛されるショッピングモール「さんちか」。正式名称は「三宮地下街」といい、三宮駅に隣接した地下に数々の店舗が軒を連ねています。

  2. 博文館の当用日記

    小日向京のひねもす文房具|第二十一回「博文館の当用日記」

    昭和時代に時計を巻き戻したかのような佇まいの外函と、ハードカバーの重厚な造本。日記といえば、この博文館の当用日記がまず浮かぶのではないでしょうか。

  3. 文房具の大掃除

    小日向京のひねもす文房具|第二十回「文房具の大掃除」

    早いもので一年の終わりが近づいてまいりました。年賀状書きのラストスパートやお正月に向けた色々な準備に追われる今週、合間をみてぜひ行っておきたいことが「文房具の大掃除」です。

  4. 万年筆の太字と細字

    小日向京のひねもす文房具|第十九回「万年筆の太字と細字」

    万年筆を選ぶ時、ペン先の字幅は太くするか細くするか。これは軸の形・素材や入れるインク色を考えることなどと密接にかかわりあう検討項目です。また、描線の太い細いだけでなく、ペン先の素材はもとよりペンポイントの形状にも様々あり、書き分けられる線は多岐にわたります。

  5. 文房具好きになってもらうためのプレゼント

    小日向京のひねもす文房具|第十八回「文房具好きになってもらうためのプレゼント」

    もうすぐクリスマスが近づいてきましたね!クリスマスといえば、サンタクロース。サンタクロースといえば、プレゼント。プレゼントといえば文房具。…と、すべての道は文房具に通じるものです。

  6. 神戸ペンショー 2015

    小日向京のひねもす文房具|第十七回「神戸ペンショー 2015」

    このところちらほらネットで目にする「神戸ペンショー」という言葉。これまでに北米やヨーロッパの各地で開催されているペンショー。2013年には北海道でサッポロ・ペンショーが行われたことが記憶に新しく、日本で初めて開催されたペンショーとして話題をさらったものでした。

  7. 2016手帳へのカウントダウン

    小日向京のひねもす文房具|第十六回「2016手帳へのカウントダウン」

    早いもので師走。師走といえば、1月始まりのスケジュール手帳。即座にそう直結させるのが、文房具好きの証。

  8. 濱文様の日本てぬぐい

    小日向京のひねもす文房具|第十五回「濱文様の日本てぬぐい」

    横浜のデザインテキスタイルブランド「濱文様(はまもんよう)」は、様々な染柄模様の布製品を展開しています。特になじみ深いのは、日本てぬぐい。売場に並ぶ和の季節感あふれるてぬぐいを、ナガサワ文具センターで目にしたことがあるのではないでしょうか。

  9. 小日向京のひねもす文房具|第十四回「Kobe Maste〜神戸マステ」

    小日向京のひねもす文房具|第十四回「Kobe Maste〜神戸マステ」

    神戸の風景や文房具アイテムをイメージしたNAGASAWAオリジナル柄マスキングテープ「Kobe Maste(神戸マステ)」が発売となったのは、今年2015年6月のことでした。上の写真の通り、柄は5種類。

  10. 飾り原稿用紙

    小日向京のひねもす文房具|第十三回「飾り原稿用紙」

    あたぼうステーショナリーの「飾り原稿用紙」は、飾り罫がついたA4サイズ・400字詰めの原稿用紙です。スライド手帳で知られる株式会社あたぼうの佐川さんが企画し、デザイナーのhoririumさんが設計し、小日向が監修しました。飾り罫は4種類。

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る