小日向京のひねもす文房具

  1. 万年筆シリーズのボールペン軸

    小日向京のひねもす文房具|第四十七回「万年筆シリーズのボールペン軸」

    いわゆる「高級万年筆」に位置づけられる製品シリーズには、同種のボールペン、シャープペンシルやローラーボールなどが多々用意されているものです。モンブラン・マイスターシュテュックのボールペン、ペリカン・スーベレーンのペンシルといった具合。しかしそれらはけっこう高い。

  2. 万年筆ペン先の字幅を決める時

    小日向京のひねもす文房具|第四十六回「万年筆ペン先の字幅を決める時」

    万年筆のペン先には「F(細字)」「M(中字)」「B(太字)」といった字幅があり、新たな万年筆を選ぼうという時には「どの字幅にするか」と、ひとしきり悩むものです。

  3. 万年筆フェス2016

    小日向京のひねもす文房具|第四十五回「万年筆フェス2016/NAGASAWA梅田茶屋町店」

    今年も近づいてまいりました、NAGASAWA梅田茶屋町店で開催の「万年筆フェス」が!例年6月最終週の土日、数々の万年筆イベントを梅田茶屋町店へ一堂に集めた2日間が「万年筆フェス」です。

  4. フィッシャーマンズ・フレンド

    小日向京のひねもす文房具|第四十四回「フィッシャーマンズ・フレンド」

    ナガサワ文具センターの梅田茶屋町店レジまわりや、神戸煉瓦倉庫店の売場コーナーなどで、よく目にするこのパッケージ。ああ、あるある。うん、買った! というかたもいらっしゃるのではないでしょうか。こちらは英国の「フィッシャーマンズ・フレンド」というミント系タブレットです。

  5. 趣味の文具箱 vol.38

    小日向京のひねもす文房具|第四十三回「趣味の文具箱 vol.38」

    「文房具を愛し、人生を楽しむ本。」というテーマで年4回刊行している、エイ出版社の『趣味の文具箱』。エイ出版社の「エイ」の漢字は、木へんに世と書きます。このブログの更新翌日・2016年6月9日(木)には、『趣味の文具箱 vol.38』が発売となります。

  6. 古川紙工 そえぶみ箋

    小日向京のひねもす文房具|第四十二回「古川紙工 そえぶみ箋」

    レター売場で目に留まる、様々な愛らしい絵柄が添えられた小さな一筆箋。それが、「そえぶみ箋」です。

  7. コレクト 情報カード 5×3 補助6ミリ罫

    小日向京のひねもす文房具|第四十一回「コレクト 情報カード 5×3 補助6ミリ罫」

    以前の第二十六回「beside〈ビサイド〉ジョッター」で「5×3カードについて、また別の機会にお話ししたい」と申していた5×3カードのことを、今回書きたく思います。上の写真のように1枚ずつバラになったカード状の紙は総称して「情報カード」と呼ばれています。

  8. ハン六のスットカケール

    小日向京のひねもす文房具|第四十回「ハン六のスットカケール」

    ゴールデンウィークは過去の思い出となり、いつもの日々にも慣れてきた5月半ば。

  9. URUSHI JAPANとナガサワ文具センターの創立記念日

    小日向京のひねもす文房具|第三十九回「URUSHI JAPANとナガサワ文具センターの創立記念日」

    最近ナガサワ文具センターホームページのバナーや店頭で目にする「134周年記念 URUSHI JAPAN」。パイロットの繰り出し式キャップレスをベースに、漆塗りの施された軸は美しいことこのうえなし。

  10. 小日向2日店員

    小日向京のひねもす文房具|第三十八回「2016年5月4・5日、小日向2日店員」

    今年もゴールデンウィークがやってきました。4/29から断続的に土日祝日が続く今年の暦のせいか、今週は「GW中盤戦から後半戦に突入!」と何かの戦いに挑むかのような感覚です。そんな折、上の通り小日向はNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店でイベントに参加します。それが「2日店員」というもの。

公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る