当店を語った詐欺サイト・偽サイトにつきまして

パピオス明石店限定万年筆インク 「Kobe INK物語『COSMO BLUE(コスモブルー) 135』」です!

新着ブログ

みなさん
こんにちは。
ナガサワ文具センターの大塚です。

先日、弊社のパピオス明石店限定の文房具をご紹介させていただきました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ナガサワ文具センターパピオス明石店限定商品です!

そんな限定商品の中でも、パピオス明石店オープンを記念して誕生した万年筆インクがあります。
それがこちらの
「Kobe INK物語『COSMO BLUE(コスモブルー) 135』」
です!

Kobe INK物語『COSMO BLUE(コスモブルー) 135』誕生!

2017年1月27日にナガサワ文具センターパピオス明石店が明石駅前にある「パピオスあかし」にオープンしました。
パピオスあかしは2016年12月1日に開業しました。
ちなみに「パピオス」というネーミングの由来はこちらです。

市民の憩いのオアシス・殿堂となり、
明石市の新しい文化を創造する広場になるようにとの願いを込めて、
次のようにキーワードの文字をつないだ造語。
『パ』:殿堂のパレス +
『ピ』:広場を意味するイタリア語のピアッツア +
『オス』:推進するの意味のオス(押す)とオアシス

パピオス明石店のオープンと弊社創業135年を記念して作成されました。

COSMO BLUE 135ってどんな色?

インクボトルにデザインされているのは日本の標準時となる東経135度の上に立つ明石市立天文科学館です。

明石の学校に通っている、通っていた方は理科や科学の授業で行ったのではないでしょうか?
そこで必ず見るのが1960年から活躍している、日本では最も古いプラネタリウムです。
そのプラネタリウムが投影した宇宙空間をイメージして生まれた神秘的な深みのあるブルーです。

使ってみました!

まずはインクボトルの蓋を開けるとこんな感じです。
インクボトルの中に小さな宇宙が広がっています。

スタジオ嘉硝のガラスペン「ヘキサゴン」で書いてみました。
ノートはコクヨの「キャンパスツインリングノート」です。

書いた直後は漆黒の小宇宙がインクが乾くと青みを帯びてきます。
一般的なブルーブラックをもう少しブルーに寄せたような印象です。

 

商品の仕様

種類:万年筆用インク(ボトルインク)
インクNo:店舗限定特別カラー COSMO BLUE135(コスモブルー)
容量:50ml
価格:本体価格1,800円 + 税
発売日:2017年1月27日

お取扱い店舗

ナガサワ文具センターパピオス明石店

 

Kobe INK物語は他にもこんなにたくさんカラーがあります。
是非、こちらも御覧くださませ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Kobe INK物語 取り扱い店舗・メディア情報 色見本ダウンロード

最後までお読みいただきありがとうございました。

    商品についてのお問い合わせはこちら

    商品の購入や取り置き、取り寄せ、ご予約などお気軽にお問い合わせください。

    パピオス明石店
    078-915-5288

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。


    ページタイトル パピオス明石店限定万年筆インク 「Kobe INK物語『COSMO BLUE(コスモブルー) 135』」です!
    ページURL https://kobe-nagasawa.co.jp/blog-papiosakashi/p-47522/
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須お問い合わせ内容

    ※メールアドレスの記入間違いや設定不備による弊社からの返信メール不達が増えております。

    メール送信前に再度ご確認ください。


    SNS

    ナガサワ文具センター パピオス明石店のSNSです。
    ぜひフォローお願いします。


    今話題の商品