小日向京のひねもす文房具|第三十一回「イベント御礼&北野工房のまち店舗正式開店!」

イベント御礼&北野工房のまち店舗正式開店!

2016年3月12日(土)、NAGASAWA梅田茶屋町店開催の文房具イベントは盛況に終わりました。小日向も上の写真のように、1コーナーで「鉛筆・飾り原稿用紙を遊びつくす会」を行い、とても楽しく有意義な時を過ごしました。皆さま、誠にありがとうございました。

どう遊びつくしたのかというと、上写真の通り「鉛筆、鉛筆削り器、飾り原稿用紙、ギフトカード類、関係書籍」を並べ、お越しいただいたかたがたの御要望に合わせて、
◆鉛筆や手持ちの筆記具で、飾り原稿用紙に試し書きをしてみる
◆鉛筆を削って、削り器による削り心地の違いを味わってみる
◆鉛筆の削りかすをギフトカードに貼って美的に楽しんでみる
◆飾り原稿用紙を折って小袋を作ってみる
…といった「試し使い+転用使い」を行ったものでした。

このような素敵な削りかすアートを作られるかたがたがおられたり!▽

イベント御礼&北野工房のまち店舗正式開店!

文字を書くことが大好きなお嬢さまがいらしたり!
「tii-book(ちぃ本)」さん特製の「飾り原稿用紙の豆本ストラップ」を販売したり!▽

イベント御礼&北野工房のまち店舗正式開店!

こちらは「飾り原稿用紙」実物を使って作られており、実際に開いて書くことのできる驚きの逸品なのです。

そしてNAGASAWA梅田茶屋町店にもいち早く、デルタの日本限定レ・スタジオーニ・コレクション第2弾「プリマベーラ」が入荷していて…!

イベント御礼&北野工房のまち店舗正式開店!

日本の四季をイメージした万年筆・ボールペンが冬、春と発売になり、その美しさと表現力に感嘆。このシリーズは「ビンテージ」モデルを原型としていて、スチールペン先の書き味の良さには驚きの一言です。今後続く夏・秋デザインも心待ちにしています。

そのようにして無事にイベントを終え、お店の主要アイテムもしっかりチェックしたところで、耳寄りのニュースが飛び込んできました。
先だってこちらのブログの第二十八回の後半でもリポートしました、神戸・北野工房のまちに臨時開店している「Kobe INK物語 by NAGASAWA」が、来る2016年3月26日(土)に正式オープンするとのこと!
3月25日(金)までの店内改装工事を終えたあとには、正式店舗として始動するそうです。
旧北野小学校の建物も風情があって、正門から階段の踊り場、廊下の床の歩き心地まで、古き良き小学校の雰囲気を満喫できます。

詳細はこちらです。

まだまだ朝晩冷え込む頃ですが、春の訪れもそこここから感じられるようになりました。
心のなかを春色にして、文房具とともに新たな季節を迎えましょう!

小日向 京(こひなた きょう)

文具ライター。
文字を書くことや文房具について著述している。
『趣味の文具箱』(エイ出版社刊)に「手書き人」「旅は文具を連れて」を連載中。
著書に『考える鉛筆』(アスペクト刊)がある。
「飾り原稿用紙」(あたぼうステーショナリー)の監修など、文具アドバイザーとしても活動している。

小日向京のひねもす文房具



ナガサワスタッフ注目の商品

イベント御礼&北野工房のまち店舗正式開店!