Kobe INK 物語 ルノワールピンク


神戸市立博物館で開催される

「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」(会期:2013年9月28日~2013年12月8日)を記念して..

知る人ぞ知る、フランス絵画の宝庫ロシア。
17世紀古典主義の巨匠プッサンにはじまり、18世紀ロココの代表ブーシェ、19世紀のアングル、ドラクロワ、ミレー、印象派やポスト印象派のモネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、そして20世紀のピカソやマティスまで――。プーシキン美術館のコレクションの中核をなすフランス絵画の質の高さは、フランス本国もうらやむほどのものです。

「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」では、選りすぐりの66点で、フランス絵画300年の栄光の歴史をたどります。なかでも、ルノワールの印象派時代最高の肖像画と評される≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫は、最大の見どころとされています。

今回のインク「ルノワール・ピンク」は、≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫よりモデルの唇の艶やかなピンクを表現。
昨年のフェルメール・ブルーに続き、絵画コラボインク第二弾ということで、パッケージにもこだわりました。

ロシア王室・貴族たちが憧れ、愛したフランス文化の一端をこのインクと共に感じていただければ幸いです。


  • 万年筆用カラーボトルインク
  • 容量:50ml
  • 1,800円(税抜)
  • ※期間限定商品となっております。
  • ネットショップで購入
公式オンラインショップ 公式オンラインショップはこちらから
ページ上部へ戻る