シルク印刷とパッド印刷……素材や特徴でおすすめの印刷方法が違います

こんにちは!営業の星野です。

今日はグッズを作る上で欠かすことのできない名入れ方法(印刷方法)の違いを少しお伝えできればと思います。グッズ制作を検討されている方の少しでも参考となればと思います。

シルク印刷(シルクスクリーン印刷)

vector illustration

版材に絹(シルク)の布を使った印刷方法です。
絹目の間からインクをヘラで擦ることで適量押し出し、版の空隙から商品にインクを乗せます。
現在では、インクの通りが良いように開発された、化学繊維の糸で織られた布を使っています。

シルク印刷は名入れ方法としては非常に多くの商品で活用されている印刷方法です。メリットとしては下記のようになります。

①低コストで大量生産できる

②対応できる素材が多い

③発色が鮮やかである

④耐久性が高い

上記のようになります。結構万能です。逆にデメリットはなんでしょうか

①少数ロットでの生産に向いていない

②色数によって値段が上がる

③印刷に時間がかかる

上記のようになります。大量生産で単色印刷などで最大のメリットが出そうですね!

パッド印刷

パッド印刷は、凹版上のインキをいったん柔らかいシリコンラバー製のパッドのせて、スタンプのようにパッドを商品に押しつけて印刷を行います。パッド印刷のメリットは下記のようになります。

①凹部の内側に印刷ができる

②細かい図柄まで印刷できる

③多色刷りにも対応可能

④低コストで生産可能

上記のようになります。デメリットは

①グラデーションなどが不得意

②広いベタ印刷の場合は色むらができる可能性がある

という感じでした。

まとめ

今回は良く使用する名入れ方法2種を案内しました。どちらもメリットデメリットがあるのですね。弊社では選んでいただきました素材や、印刷内容によってお客様にベストなご案内を致します。ぜひオリジナルグッズ制作.comへお問い合わせくださいませ!

    ご相談/お見積りフォーム


    ページタイトル

    シルク印刷とパッド印刷……素材や特徴でおすすめの印刷方法が違います

    ページURL

    https://kobe-nagasawa.co.jp/originalgoods/blog/p-6393/

    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意社名

    任意電話番号

    任意住所

    必須お問い合わせ内容